〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町22-1
Tel 03-5784-4900 Fax 03-5784-6480
e-mail book@taiseido.co.jp
営業時間(9:30~21:00)
※大盛堂書店本店は2005年6月末に閉店休業いたしました。
当店受け取りで送料無料!
本・雑誌・CD&DVD・
カレンダー等のご注文は
 
 
 
 
 
 
 
 

バックナンバーの在庫の確認は
問い合わせページ、もしくは直接お電話にてご確認ください。
(03-5784-4900)
●取扱い検定一覧


日本英語検定


日本漢字能力検定

■過去のイベント(2018年)
 
「冬には冬のヤセる!Popteen ¥0で始める“冬のヤセぐせ”総まとめ‼」発売記念  サイン本お渡し&握手会


 
【詳細情報】

日時:2018年12月23日(日)13:00~
●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
●定員(150名様)

■出演:
のあにゃん(鶴嶋乃愛)、ちゃんえな(中野恵那)、なちょす(徳本夏恵)
■イベント内容:サイン本お渡し&握手会

イベント参加方法:メールによる抽選(受付期間:2018年12月15日(土) 9:30~18:00)
下記のイベント専用メールフォーム、 またはe-mail(book@taiseido.co.jp) で必要事項
件名にPopteenイベント申し込み、 本文に〔お名前(フルネーム)+電話番号〕を添えて送ってください。


当選されたお客様は当選メールにお伝えした指定時間までに1階レジカウンターにて書籍代金と引き換えに整理券を配布いたします。 書籍はイベント当日会場でお渡しとなります。ご了承くださいませ。
・『冬には冬のヤセる!Popteen ¥0で始める“冬のヤセぐせ”総まとめ‼』(864円・税込)

※女性限定
※ご購入はお一人1冊まで。
※1冊につき1ショット(モデル3名と一緒に撮影)
お客様ご持参のスマホや撮影機器にて撮影します。
※動画撮影禁止
為書なし
イベント中の写真撮影禁止
対象書籍以外のサイン禁止 
プレゼントBOXの用意あり




戻る
『泥沼スクリーン これまで観てきた映画のこと』(文藝春秋)発売記念 特別企画「青春時代に見てきた映画のことを語り合う。」
春日太一さんトークイベント&サイン会 ゲスト:松崎健夫さん(映画評論家)

三ヶ月連続著作が発行されている春日太一さんですが、11月に引続き春日さんのイベントを二ヶ月連続開催!今回は週刊文春の人気連載「木曜邦画劇場」の単行本化を記念した会となります。ゲストに普段から春日さんとも親交がある映画評論家の松崎健夫さんをお迎えします。お二人の青春時代に観てきた数々の映画の熱いお話を、ぜひ、ご期待ください。



『泥沼スクリーン』
文藝春秋
1566円(税込)
12月12日発売予定
 
【詳細情報】

●日時:2018年12月13日(木)18:30~20:45終了予定(18:00開場)
※トーク終了後、サイン会あり。 当店でご購入頂いたサイン会対象書籍のみとなります。
※イベント前に、ご購入頂いた場合、書籍を忘れずにご持参ください。

●ゲスト:松崎健夫さん(映画評論家)

●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
●お席は自由席となっております。※ご入場は整理券番号順ではございません。

イベント参加方法:参加には整理券が必要です。
12月12日発売予定・春日太一さん箸『泥沼スクリーン これまで観てきた映画のこと』を大盛堂書店でご購入の方でイベント参加ご希望の方に、整理券をお渡しします。
配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・メールでのご予約をお勧めしています


※ご予約されたお客様は1Fレジにて、ご予約のお名前をお伝えください。 対象書籍のご購入後、整理券をお渡しします。

・『泥沼スクリーン』12月12日入荷予定(1566円(税込))整理券の配布は発売日以降となります。
イベント開場前後はレジが大変混雑いたします。時間に余裕を持ってご来場いただきますよう、ご協力お願い致します。


■プロフィール

春日太一さんプロフィール

映画史・時代劇研究家。1977 年東京都生まれ。日本大学大学院博士後期課程修了。映画界を彩った俳優達のインタビューをライフワークにしている。その確かな筆致・構成・取材力は幅広い支持を得ている。著書に『天才勝新太郎』(文春新書)『あかんやつら東映京都撮影所血風録』(文春文庫)『役者は一日にしてならず』(小学館)『市川崑と「犬神家の一族」』(新潮新書)『ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで』(文春文庫)『仲代達矢が語る日本映画黄金時代完全版』(文春文庫)『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』(文藝春秋)『すべての道は役者に通ず』(小学館)など。現在、週刊ポスト、週刊文春にてコラムを連載中。

 

松崎健夫さんプロフィール

映画評論家。 1970年兵庫県生まれ。 東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻修了。日本映画ペンクラブ会員。映画検定一級。映画・テレビ・ラジオの現場を経て、映画専門の執筆業に専念。的確な評論と映画に対する熱い文章が注目を集めている。各映画祭の審査委員、雑誌、WEB媒体の寄稿のほかにも、テレビ、ラジオ、ネット番組に多数出演。共著に『現代映画用語事典』(キネマ旬報社)。またキネカ大森にて、放送作家・松崎まことさんとのコンビ“松崎ブラザーズ”の〈松崎B〉として『松崎ブラザーズのイマコレ! 』不定期開催 。

イベント整理券予約フォームフォームに不具合がある場合はeメールをご利用ください。
送信後、自動送信の内容確認メールが届きます。 自動返信のメールはご予約確定のメールではございません。
お申し込み後、イベント担当者より予約確定メールをお送りします。
(フォームに不具合がある場合はeメールをご利用ください。件名にイベント名、 本文にお名前、緊急連絡先をご記入お願いします。 book@taiseido.co.jp)


※当店からの自動返信メールが届かない場合はアドレスの入力が間違っていないか、ドメイン指定受信の設定を確認してください。
稀に迷惑メール・ゴミ箱フォルダに受信されている場合もあるので確認してください。


※予約確定メールが届かない場合は、大変申し訳ありませんが電話にて問い合わせください。 (電話番号 03-5784-4900)

※定員に達した場合、予約をすることはできません。予めご了承ください。

イベント開始までに1Fレジカウンターにて『泥沼スクリーン これまで観てきた映画のこと』を ご購入ください。
整理券の配布は発売日12月12日以降です。 ご予約をキャンセルされる場合はお早めにご連絡ください。
お手数ですがご購入希望の書籍名のチェックををお願いします。

イベント名*
  • 12月13日(木)春日太一さんトークイベント&サイン会 『泥沼スクリーン』購入予約
  • メールアドレス*
    確認用メールアドレス*
    お名前*
    ふりがな*
    電話番号* (緊急連絡先)
    その他お問い合わせ
    *は必須項目です。
    ■お問い合わせ

    その他お問い合わせは店頭またはお電話(03-5784-4900)にてお伺い致します。※9:30~21:00

    戻る
    「『かけらのかたち』(新潮社)発売記念 深沢潮さん×こざわたまこさん トークイベント&サイン会」

    SNSに彩られて、恋人、夫婦、親子関係に新たな変化が兆している――“その先の生き方”に気づいていく人びとを活写する6篇。――

    様々な境遇の人間を真摯に描き続け様々な作品を世に送り出している小説家・深沢潮さんの新刊は、四十代の女性たちを中心に、変化する環境におけるそれぞれの日常や苦悩、喜びを鮮やかに写し出した連作短編集です。今回はその発売を記念したトークイベントを開催いたします。ゲストに的確で印象的な人物描写が注目され、これからの活躍が大いに期待されている新鋭の小説家・こざわたまこさんをお迎えします。また、第11回「女による女のためのR-18文学賞」受賞者という共通点もあるお二人のトークにぜひご期待ください。


    『かけらのかたち』
    新潮社
    1728円(税込)
    11月22日発売予定
     
    【詳細情報】

    日時:2018年12月9日(日)16:00~17:30終了予定(15:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。 当店でご購入頂いたサイン会対象書籍のみとなります。
    『かけらのかたち』『負け逃げ』『仕事は2番』『君に言えなかったこと』各一冊計四冊まで
    ※イベント前に、ご購入頂いた場合、書籍を忘れずにご持参ください。

    ●ゲスト:こざわ たまこさん(小説家)
    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。※ご入場は整理券番号順ではございません。

    イベント参加方法:参加には整理券が必要です。
    11月22日発売予定・深沢潮さん箸『かけらのかたち』、または、こざわたまこさん著作(新潮文庫『負け逃げ』双葉社刊『仕事は2番』 祥伝社刊『君に言えなかったこと』)いずれか一冊以上大盛堂書店でご購入の方でイベント参加ご希望の方に、整理券をお渡しします。
    配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・メールでのご予約をお勧めしています

    ※ご予約されたお客様は1Fレジにて、ご予約のお名前をお伝えください。 対象書籍のご購入後、整理券をお渡しします。
    ・『かけらのかたち』11月22日入荷予定(1728円(税込))整理券の配布は発売日以降となります。

    ・新潮文庫『負け逃げ』(680円(税込))
    ・『仕事は2番』(1512円(税込))
    ・『君に言えなかったこと』(1512円(税込))

    ■プロフィール

    深沢潮 ふかざわ うしお

    東京都生まれ。2012年「金江のおばさん」で第11回「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。著書に受賞作を含む『ハンサラン愛する人びと』(文庫版『縁を結うひと』)『ひとかどの父へ』『緑と赤』『伴侶の偏差値』『ランチに行きましょう』『あいまい生活』『海を抱いて月に眠る』などがある。  

     

    こざわ たまこさんプロフィール

    1986(昭和61)年、福島県原町市(現・南相馬市原町区)生れ。専修大学文学部卒。2012(平成24)年「僕の災い」で「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞し、デビュー。2015年、同作を収録した連作短編集『負け逃げ』(新潮社)を刊行(2018年文庫化)。著書に『仕事は2番』(双葉社)、『君に言えなかったこと』(祥伝社)がある。
    戻る
    「プロ野球本」の歴史を変えた男が語る、「文系野球」の歴史と未来!
    江本孟紀さん『プロ野球を100倍楽しくする方法 変革の檄文!』(徳間書店)×
    長谷川晶一さん『プロ野球バカ本 まったく役に立たないブックレビュー!』(朝日新聞出版)出版記念トークイベント&サイン会 

    「プロ野球本」の歴史を変えた男が語る、「文系野球」の歴史と未来!

    古今東西野球に関する奇書を編纂した『プロ野球バカ本』を発行した長谷川晶一が、大ベストセラー『プロ野球を10倍楽しくする方法』の著者であり、『プロ野球を100倍楽しくする方法 変革の檄文!』を上梓したばかりの球界のレジェント・江本孟紀に真相を直撃! 一夜限りのスペシャルイベントです。 


    『プロ野球を100倍楽しくする方法』
    徳間書店
    1188円(税込)
     

    『プロ野球バカ本』
    朝日新聞出版
    1944円(税込)
    【詳細情報】

    日時:2018年12月6日(木)18:30~20:30終了予定(18:00開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。 当店でご購入頂いたサイン会対象書籍のみとなります。
    ※イベント前に、ご購入頂いた場合、書籍を忘れずにご持参ください。

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。※ご入場は整理券番号順ではございません。

    イベント参加方法:参加には整理券が必要です。
    『プロ野球を100倍楽しくする方法』(徳間書店)、『プロ野球バカ本』(朝日新聞出版)のいずれかを大盛堂書店にてご購入の方でイベント参加ご希望の方に、整理券をお渡しします。二冊同時購入も可。
    配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・メールでのご予約をお勧めしています

    ※ご予約されたお客様は1Fレジにて、ご予約のお名前をお伝えください。 対象書籍のご購入後、整理券をお渡しします。
    ・『プロ野球を100倍楽しくする方法: 変革の檄文!2018』(1188円・税込)
    ・『プロ野球バカ本』(1944円・税込)

    ■プロフィール

    江本孟紀さんプロフィール

    1947年7月22日高知県生まれ。高知商業高、法政大、熊谷組を経て、東映フライヤーズ(現北海道日本ハムファイターズ)、南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)、阪神タイガースで活躍。プロ通算成績は113勝126敗19セーブ、防御率3.52、開幕投手6回、オールスター選出5回、ボーク日本記録。1992年、スポーツ平和党から参議院議員初当選。2001年1月には、参議院初代内閣委員長就任。2期12年務め、2004年、参議院議員を離職。現在はサンケイスポーツを中心にフジテレビ、ニッポン放送などでプロ野球解説者として活動。またアメリカ独立リーグ初の日本人チーム「サムライベアーズ」総監督でリーグの副コミッショナー、クラブチーム「京都ファイアーバーズ」を立ち上げたり、タイ王国ナショナルベースボールチーム総監督を努め北京五輪アジア予選に出場するなど、野球界の底辺拡大と発展、球界への提言などに努める。ベストセラーとなった『プロ野球を10倍楽しく見る方法』をはじめ、近刊に『僕しか知らない星野仙一』『野球バカは死なず』など著書多数(計72冊)。   (徳間書店ホームページより引用)
     

    長谷川晶一さんプロフィール

    1970年5月13日生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務を経て2003年にノンフィクションライターに。05年よりプロ野球12球団すべてのファンクラブに入会し続ける、世界でただひとりの「12球団ファンクラブ評論家(R)」。ではあるが、実は1980年に初めてヤクルトFCに入会して以来、約40年間、神宮に通い続ける大のヤクルトファン。著書に『プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』『いつも、気づけば神宮に東京ヤクルトスワローズ「9つの系譜」』(以上、集英社)、『プロ野球語辞典』(誠文堂新光社)、『オレたちのプロ野球ニュース』(東京ニュース通信社)、『幸運な男――伊藤智仁 悲運のエースの幸福な人生』(インプレス)ほか多数。『文春オンライン』の『文春野球コラム』ではヤクルト監督を担当。

    http://blog.hasesho.com/  http://www.facebook.com/hasesh
    戻る
    『人生のピース』(双葉社)発売記念 朝比奈あすかさんトークイベント&サイン会 ゲスト:瀧井 朝世さん(ライター)

    中高女子校で共に過ごした潤子、みさ緒、礼香。ただいま34歳。彼氏いない歴=年齢だった礼香が突如結婚することになった。潤子はにわかに焦り、結婚相談所に入会、みさ緒も腐れ縁のダメ男と手を切る。それぞれの道を進む彼女たち、その先にあるものとは――。 「婚活小説」の枠を越えて、アラサー女子のリアルな胸の裡が痛いほどの共感度で伝わる物語。
    (双葉社ホームページ『人生のピース』紹介文より)

    今年5月に当店で行われた『みなさんの爆弾』トークイベントに引続き、あらゆる世代の女性の人生と心情の機微を描き続ける小説家・朝比奈あすかさんの11月に刊行される発売記念のトークイベントを今回開催します。ゲストに雑誌やWEB媒体で作家インタビュー、書評、対談企画などで活躍されている瀧井朝世さんをお迎えします。真摯に文章を紡ぎ続けている朝比奈さんと、朝比奈さんの著書『自画像』(双葉文庫)の巻末解説を書かれ、また多くの小説家の方々から厚く信頼されている瀧井さんのトークにぜひご期待ください。


    『人生のピース』
    双葉社
    予価 1620円(税込)
    11月22日発売予定
     
    【詳細情報】

    日時:2018年11月29日(木)19:00~20:30終了予定(18:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。 当店でご購入頂いたサイン会対象書籍のみとなります。
    ※イベント前に、ご購入頂いた場合、書籍を忘れずにご持参ください。

    ●ゲスト:瀧井 朝世さん
    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。※ご入場は整理券番号順ではございません。

    イベント参加方法:参加には整理券が必要です。
    11月22日頃入荷予定の『人生のピース』(予価 1620円(税込))を大盛堂書店でご購入の方でイベント参加ご希望の方に、 整理券をお渡しします。

    配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・メールでのご予約をお勧めしています

    ※ご予約されたお客様は1Fレジにて、ご予約のお名前をお伝えください。 対象書籍のご購入後、整理券をお渡しします。 整理券の配布は発売日以降となります。
    ・『人生のピース』11月22日入荷予定(予価 1620円(税込))

    ■プロフィール

    朝比奈あすかさんプロフィール

    1976年生まれ。2000年大伯母の戦争体験を記録したノンフィクション『光さす故郷へ』(マガジンハウス)を発表。06年『憂鬱なハスビーン』で群像新人文学賞を受賞。著書に『憧れの女の子』(双葉文庫)『不自由な絆』(光文社文庫)『あの子が欲しい』(講談社文庫)『天使はここに』(朝日新聞出版)『自画像』(双葉文庫)『少女は花の肌をむく』(中央公論新社)『人間タワー』(文藝春秋)『みなさんの爆弾』(中央公論新社)などがある。
     

    瀧井 朝世さんプロフィール

    ライター。1970年生まれ、東京都出身、慶応大学文学部卒業。出版社勤務を経てライターに。WEB本の雑誌「作家の読書道」、『波』『きらら』『週刊新潮』『anan』『CREA』『SPRiNG』『小説宝石』『ミステリーズ!』『読楽』『小説幻冬』『新刊ニュース』『クロワッサン』などで作家インタビュー、書評、対談企画などを担当。2009年~2013年にTBS系「王様のブランチ」ブックコーナーに出演。現在は同コーナーのブレーンを務める。BUKATSUDO「贅沢な読書会」モデレーター。著書に『偏愛読書トライアングル』(新潮社)、『あの人とあの本の話』(小学館)。(WEBサイト「ALL REVIEWS」より引用)
    戻る
    特別企画「村瀬秀信&春日太一の語るライター駆け出し時代。」 村瀬秀信さん×春日太一さんトークイベント&サイン会

    当店イベントにも度々ご登壇されている村瀬さんと春日さんですが、今回は原点回帰としてお二人がライター、研究家として駆け出しだった頃を中心に、お二人の仕事の熱いトークをして頂きます。ぜひ、ご来場ください



    『すべての道は役者に通ず』
    小学館
    1836円(税込)
     

    『止めたバットでツーベース』
    双葉社
    1620円
    【詳細情報】

    日時:2018年11月10日(土)16:00~17:45終了予定(15:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。※ご入場は整理券番号順ではございません。

    イベント参加方法・参加には整理券が必要です。
    『すべての道は役者に通ず』(1836円・税込)か『止めたバットでツーベース』(1620円・税込)

    大盛堂書店でご購入の方で イベント参加ご希望の方に、整理券をお渡しします。(両方購入も可)

    配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・メールでのご予約をお勧めしています



    ※ご予約されたお客様はイベント開始までに1Fレジにて、ご予約のお名前をお伝えください。
    対象書籍のご購入後、整理券をお渡しします。

    ・『すべての道は役者に通ず』1836円(税込)
    ・『止めたバットでツーベース』
    1620円(税込)

    ■プロフィール

    村瀬秀信さんプロフィール

    フリーライター。1975年生まれ。茅ヶ崎西浜高校野球部卒。 エンタテイメントとプロ野球をテーマに各誌に寄稿。「文春野球コラムペナントレース」のコミッショナーも務める。著書に『プロ野球最期の言葉』(イーストプレス)、『4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ涙の球団史』(双葉社文庫)『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』(講談社文庫)、『それでも気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』(交通新聞社)など。

     
    春日太一さんプロフィール

    映画史・時代劇研究家。1977 年東京都生まれ。日本大学大学院博士後期課程修了。映画界を彩った俳優達のインタビューをライフワークにしている。その確かな筆致・構成・取材力は幅広い支持を得ている。著書に『天才勝新太郎』(文春新書)『あかんやつら東映京都撮影所血風録』(文春文庫)『役者は一日にしてならず』(小学館)『市川崑と「犬神家の一族」』(新潮新書)『ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで』(文春文庫)『仲代達矢が語る日本映画黄金時代完全版』(文春文庫)『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』(文藝春秋)など。現在、週刊ポスト、週刊文春にてコラムを連載中。
    戻る
    『ドラガイ』(カンゼン)発売記念 田崎健太さんトークイベント&サイン会 ゲスト:中溝康隆さん

    『4年連続V逸。歴史から紐解く巨人ドラフト戦略』

    4年連続V逸となったジャイアンツ。今季限りで高橋由伸監督が辞任することが発表されています。今年こそようやく若手が台頭してきたものの、苦しい戦いを強いられたのはドラフトで獲得した選手の伸び悩み、FAなどで補強した選手の不振が挙げられます。生え抜き主体で黄金期を築いているカープとは対照的です。昨今のドラフト戦略がどうだったのかジャイアンツの歴史を振り返り、本誌『ドラガイ』の内容についても幅広く語って頂きます。


    『ドラガイ』
    カンゼン
    1836円(税込)
     
    【詳細情報】

    日時:2018年11月2日(金)19:00~20:45終了予定(18:30開場)
    ※トーク終了後、お二人のサイン会あり。
    田崎さん、中溝さんサインは当店でご購入頂いたサイン会対象書籍のみとなります。
    ※イベント前に、ご購入頂いた場合、書籍を忘れずにご持参ください。

    ●ゲスト:中溝康隆さん

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。※ご入場は整理券番号順ではございません。

    イベント参加方法:参加には整理券が必要です。
    10月15日頃入荷予定の『ドラガイ』(1836円・税込)を大盛堂書店でご購入の方でイベント参加ご希望の方に、 整理券をお渡しします。

    配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・メールでのご予約をお勧めしています


    ※ご予約されたお客様は1Fレジにて、ご予約のお名前をお伝えください。 対象書籍のご購入後、整理券をお渡しします。
    整理券の配布は発売日以降となります。
    ・『ドラガイ』(1836円・税込)
    イベント開場前後はレジが大変混雑いたします。時間に余裕を持ってご来場いただきますよう、ご協力お願い致します。

    ■プロフィール

    田崎健太さんプロフィール

    1968年3月13日、京都市生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。『週刊ポスト』編集部などを経て、1999年末に退社。スポーツを中心に人物ノンフィクションを手掛け、各メディアで幅広く活躍する。著書に『W杯に群がる男たち―巨大サッカービジネスの闇―』(新潮文庫)、『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)、『ザ・キングファーザー』(カンゼン)、『球童 伊良部秀輝伝』(講談社 ミズノスポーツライター賞優秀賞)、『真説・長州力 1951-2015』『真説・佐山サトル タイガーマスクと呼ばれた男』(集英社インターナショナル)『電通とFIFA サッカーに群がる男たち』(光文社新書)など。
     

    中溝康隆さんプロフィール

    1979年埼玉県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒。東京ドームを中心に年間約40試合球場観戦をするライター兼デザイナー。2010年10月より開設したブログ『プロ野球死亡遊戯』は現役選手の間でも話題に。『文春野球コラムペナントレース2017』では巨人担当として初代日本一に輝いた。ベストコラム集『プロ野球死亡遊戯』(文春文庫)、『プロ野球死亡遊戯 さらば昭和のプロ野球』(U-CAN)が好評発売中!
    戻る
    『昭和裏芸能史』(イースト・プレス)発売記念 なべおさみさんトークイベント&サイン会
    阿佐田哲也、アントニオ猪木、石原裕次郎、五木ひろし、大川橋蔵、加藤登紀子、樹木希林、小林幸子、里見浩太郎、ジャンボ尾崎、中村勘三郎、舟木一夫、輪島大士……。
    著者だけが知る「巨星」たちの秘話満載。時代をつくった傑物の素顔、ここにあり。 ベストセラー『やくざと芸能と』著者が綴った本書の刊行を記念し、なべおさみさんのトークイベントを開催します。ここだけの話をお楽しみに!


    『昭和裏芸能史』
    イースト・プレス
    799円(税込)
     
    【詳細情報】

    日時:2018年10月21日(日)14:00~16:00終了予定(13:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。
    サインは当店でご購入頂いた『昭和裏芸能史』のみとさせて頂きます。

    ※イベント前に、ご購入頂いた場合、書籍を忘れずにご持参ください。
    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。※ご入場は整理券番号順ではございません。

    イベント参加方法:参加には整理券が必要です。
    『昭和裏芸能史」』(799円・税込)を大盛堂書店でご購入の方でイベント参加ご希望の方に、 整理券をお渡しします。

    配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・メールでのご予約をお勧めしています


    ※ご予約されたお客様は1Fレジにて、ご予約のお名前をお伝えください。
    対象書籍のご購入後、整理券をお渡しします。
    ・『昭和裏芸能史』(799円・税込)

    ■プロフィール

    なべおさみ さんプロフィール

    1939年、東京都生まれ。本名は渡辺修三。1958年、明治大学演劇科入学後、ラジオ台本などの執筆活動に入る。その後、水原弘とともに渡辺プロダクションに入り、水原や勝新太郎、ハナ肇の付人となる。62年明治大学卒。64年、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ系)でデビュー。68年、山田洋次監督の『吹けば飛ぶよな男だが』で映画主演を果たす。74年に渡辺プロを退社し、森繁久彌の付人になる。78年から『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系)内の人気コーナー「ドキュメント女ののど自慢」の司会も務めた。2014年『やくざと芸能と 私の愛した日本人』がベストセラーになる。
    (イーストプレス ホームページより)
    戻る
    『ぼくは本当にいるのさ』(河出書房新社)『焦心日記』(河出文庫)発売記念  少年アヤさんトークイベント&サイン会
     

    『ぼくは本当にいるのさ』
    河出書房新社
    1566円(税込)
     

    『焦心日記』
    河出書房新社
    799円(税込)
    【詳細情報】

    日時:2018年10月10日(水)19:00~20:00終了予定(18:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。
    サインは当店でご購入頂いた『ぼくは本当にいるのさ』、文庫『焦心日記』(各1冊計2冊まで)のみとさせて頂きます。

    ※イベント前に、当店でご購入頂いた場合、書籍を忘れずにご持参ください。

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。※ご入場は整理券番号順ではございません。

    イベント参加方法:参加には整理券が必要です。

    ※ご予約されたお客様はイベント開始までに1Fレジにて、
    『ぼくは本当にいるのさ』(1566円・税込)、『焦心日記』(799円・税込)のどちらかをご購入ください。
    (両方購入も可)その際整理券をお渡しします。
    イベント開場前後はレジが大変混雑いたします。時間に余裕を持ってご来場いただきますよう、ご協力お願い致します。


    ■プロフィール

    少年アヤ(しょうねん・あや)さんプロフィール

    1989年生まれ。エッセイスト。自らのセクシュアリティや家族についての文章が、広く共感を呼ぶ。著書に『尼のような子』(祥伝社)、『果てしのない世界め』(平凡社)、『ぼくは本当にいるのさ』(河出書房新社)、『焦心日記』(河出文庫)。
    戻る
    『本屋の新井』(講談社)発売記念 新井見枝香さん新刊鏡開き&トークイベントゲスト:伊野尾宏之さん(伊野尾書店店長)

    昨年12月発売の初エッセイ集でも各界から大きな反響を呼んだ書店員・エッセイストである新井さんの第二作目が 10 月に発売されます。今回その発売を記念してのイベントが決定。昨年 12 月、今年 1 月にも当店にて発売記念イベントを開催しましたが、本イベトでは発売日ということもあり、店頭にて出来立てほやほやの本を鏡開き(?)の趣向で、新井さんが直接お客さまに手渡しをいたします!(もちろん、そのあとレジにてお会計ください)そして、その後のトークの部では新宿区中井にある伊野尾書店店長・伊野尾宏之さんをお迎えします。今回の”本屋にまつわる”御本に関する内容や本屋のお話などお二人に大いに語って頂きますので、ぜひ、ご来場ください。



    『本屋の新井』
    講談社
    1404円(税込)
    【詳細情報】

    日時:2018年10月2日(火)18:30~20:00終了予定
    ※サイン会はございません。
    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース

    ●鏡開き(書籍お渡し会)は18 時30分開始予定です。 (売り切れ次第販売終了)
    ご予約なしでご参加頂けますが書籍のご購入が必要です。
    参加後、1F レジカウンターにてお会計(1404円・税込)をお願いします。
    図書カード・QUOカードのほか各種クレジットカード、電子マネーがご利用いただけます。

    ●トークイベントは19時開始予定です。
    入場無料ですが定員になり次第受付終了のため、事前のご予約をおすすめします。
    トークイベント参加ご希望の方は電話(03-5784-4900)、メールにて承ります。

    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    ※イベント中の録音・録画・撮影はお断りしております。
    ※係員の指示及び注意事項に従わない方がいた場合、イベントが中止になる恐れがあります。
    ※定員に達し次第、受付終了となりますので予めご了承ください。
    ※先着順のため、申込み時に定員に達していることがあります。 予めご了承ください。



    ■プロフィール

    新井見枝香さんプロフィール

    三省堂書店勤務の書店員。入社後、都内店舗、営業本部勤務を経て現在は神保町本店にて文庫売場を担当。新井さん独自の店頭やイベントでの様々な取り組みは大きな注目を集めている。無類の食いしん坊。著書に『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)。

    伊野尾宏之さんプロフィール

    西武新宿線・都営大江戸線中井駅近くで営業する伊野尾書店・店長。2008年におこなった本屋プロレス、毎年様々な業界の方々が選書する文庫フェア「中井文庫」、ブログ「伊野尾書店WEBかわら版(http://inoo.cocolog-nifty.com/news/)」、「本の雑誌」寄稿など多方面で活躍。無類のプロレスマニア、ロッテマリーンズファンとしても出版書店業界では有名。

    戻る
    「南の国のカンヤダ」8月3日発売(小学館) スタジオジブリプロデューサー鈴木敏夫さんトークイベント&サイン会

     



    『南の国のカンヤダ』
    小学館
    1728円(税込)
    【詳細情報】
    ●日時:2018年8月5日(日)15:00~16:30終了予定(14:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。
    サインは当店でご購入頂いた『南の国のカンヤダ』お一人1冊までとさせて頂きます。


    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。
    ※ご入場は整理券番号順ではございません。整列開始は14時20分を予定しています。

    イベント参加方法
    事前予約制(先着順)・参加には整理券が必要です。

    参加は書籍購入の方のみとさせて頂きます。

    8月3日(金)より整理券をお渡し致します。 ご予約完了メールに記載の番号を1Fレジにてお伝えください。

    ※イベント開場前後はレジが大変混雑いたします。時間に余裕を持ってご来場いただきますよう、ご協力お願い致します。
    ※当日イベント中の音源が 「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」で放送される可能性があります。
    参加希望の方はご了承ください。(毎週日曜23:00~TOKYO FMをはじめとするJFN38局で放送中。) https://www.tfm.co.jp/asemamire/
    ※会場風景の撮影はトークショーは不可、サイン会時のみ可能です。
    お客様の写り込みにご注意ください。
    著者とのツーショットは不可。
    ※係員の指示及び注意事項に従わない方がいた場合、イベントが中止になる恐れがあります。
    ※整理券をお渡し済みでも、イベント不参加の場合、サイン本のお渡しは出来ません。
    ※他店で購入された書籍・色紙等へのサインはご遠慮ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ※ご予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて
    『南の国のカンヤダ』(1728円・税込)をご購入ください。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、受付終了となりますので予めご了承ください。

    お客様都合により当日イベントに参加できなかった場合、ご購入済みの書籍や整理券の払い戻しは致しかねます。サイン本のお取り置きなども致しかねますのでご了承ください。


    ■プロフィール

    撮影 白鳥真太郎
    鈴木敏夫さんプロフィール
    1948年、名古屋生まれ。スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。
    特技は、事務所マンションのエレベーターで偶然乗り合わせた人と友だちになること。
    1日に1度は「人生って本当におもしろい」と口にする。人付き合いのモットーは、「出会ってしまったんだから、しょうがない」。
    戻る
    藤井誠二さん『黙秘の壁』(潮出版)発売記念 藤井誠二さん×青木理さん(ゲスト)トークイベント&サイン会

    『黙秘の壁』
    潮出版社
    1728円(税込)
     
     

    『情報隠蔽国家』
    河出書房新社
    1728円(税込)

    【詳細情報】

    日時:2018年7月25日(水)19:00~20:30終了予定(18:30開場)
    ※トーク終了後、藤井さん、青木さんお二人のサイン会あり。
    なおサインは『黙秘の壁』又は青木さんの著書『情報隠蔽国家』、当店でのご購入書籍のみ承ります。


    ●ゲスト:青木理さん

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    ●入場無料


    ※録音・録画はお断りしております。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。
    図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は1Fレジカウンターでのお支払いとなります。

    ■プロフィール

    藤井誠二さんプロフィール
    1965年生まれ。ノンフィクションライター。愛知淑徳大学講師として「ノンフィクション論」等を担当。ラジオのパーソナリティやテレビのコメンテーターもつとめる。「光市母子殺人事件」「少年A被害者遺族の慟哭」「人を殺してみたかった」など著書は50冊以上。

     
    青木理さんプロフィール
    1966年生まれ。著書『日本会議の正体』『安倍三代』『抵抗の拠点から』など多数
    戻る
    『粋な男たち』(角川新書)発売記念 玉袋筋太郎さんトークイベント&サイン会

    野暮とか無粋とか――大人の時代、しましょうよ。自分のことを「粋な男だ」なんて、まったく思っていないよ。でも粋に憧れる思いは昔も今もずっと変わらないし、多くの偉大な人たちが見せてくれた「粋」を感じる「センサー」だけは持ち続けているという自負はある ――

    芸能界のみならず文筆、スナック界などにおいても大いに活躍されている玉袋筋太郎さんの新著が7月に発売されます。今回その発売を記念し、玉袋さんのトークイベントを満を持して開催いたします。『粋な男たち』の内容や、玉袋さんが出会った魅力あふれる人達のお話などをたっぷり伺います。ぜひ、ご来場ください。



    『粋な男たち』
    KADOKAWA
    950円(税込)
    【詳細情報】
    日時:2018年7月13日(金)19:00~20:30終了予定(18:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。サイン会の終了は20時30分を予定しております。
    サインは当店でご購入頂いた『粋な男たち』お一人様につき一冊とさせて頂きます。


    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法

    7月7日発売『粋な男たち』(角川新書)を大盛堂書店にてご購入の方でイベント参加ご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。
    (配布予定数が無くなり次第終了のため、事前にメールでのご予約をお勧めしています。)



    ※録音・録画はお断りしております。
    ※予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて
    『粋な男たち』(950円・税込)をご購入ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    ■プロフィール
    玉袋筋太郎さんプロフィール
    1967(昭和42)年、東京生れ新宿育ち。高校卒業後、ビートたけしに弟子入りし、1987年に水道橋博士とお笑いコンビ「浅草キッド」を結成。芸能活動のかたわら、多数の本を手がけ、小説家デビュー。一般社団法人「全日本スナック連盟」を立ち上げ、自ら会長を務める。主な著作に『スナックの歩き方』 (イースト新書Q)、『痛快無比!プロレス取調室 ~ゴールデンタイム・スーパースター編~』(毎日新聞出版)、『新宿スペースインベーダー 昭和少年凸凹伝』(新潮文庫)などがある。
    戻る
    『男の婚活は会話が8割』出版記念 植草美幸さん特別セミナー

    4月21日に発売された『男の婚活は会話が8割』の刊行を記念して、著者の植草美幸さんによる特別セミナーを開催。
    「女性から一緒にいたい、また会いたいと思われる男は、いったいデート中にどんな会話をしているのか!?」――話題、相づち、表情、しぐさ…など、会話のニガテな男性のお悩みをズバッと解決!
    「おしゃべりオジサンとヤバイ女」(テレビ東京)などメディアで話題沸騰のカリスマ婚活アドバイザーが、“モテる男”の会話術を伝授します。



    『男の婚活は会話が8割
    「また会いたい」にはワケがある!』
    青春出版社
    1469円(税込)
     
    【詳細情報】

    日時:2018年6月29日(金)19:00~(18:30開場)

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(30名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    ■イベント参加方法
    『男の婚活は会話が8割 』(1469円・税込) を大盛堂書店にてご購入の方でイベント参加ご希望の方に、整理券をお渡しします。

    (配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・下記フォームからメールでのご予約をお勧めしています。)
    ご予約は、店頭、電話(03-5784-4900)、メールにて承ります。

    ※本イベントは結婚相手を探すものではありません

    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて対象の書籍をお買い求め ください。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    都合によりマスコミの取材が入る可能性があります。
    やむをえない事情によりイベント内容の変更・中止をさせて頂く場合もございますのでご了承ください


    ■プロフィール

    植草美幸さんプロフィール

    婚活アドバイザー。結婚相談所マリーミー代表、東京恋婚アカデミー校長、株式会社エムエスピー代表取締役。1995年にアパレル業界に特化した人材派遣会社、株式会社エムエスピーを設立。そこで培ったマッチング能力・人材発掘能力を生かし、2009年に結婚相談所マリーミーを設立。
    業界平均15%と言われる成婚率において、マリーミー全体では60%、自身が担当する「植草美幸コース」では80%の成婚率を誇る。そのほか、セミナーの開催、テレビやラジオへの出演など、アラサ―・アラフォー男女を「幸せな結婚」に導くために幅広く活動中。

     
    戻る
    『つながりの蔵』(KADOKAWA)『14歳の水平線』(双葉文庫)『さしすせその女たち』(KADOKAWA)
    発売記念 椰月美智子さんトークイベント&サイン会 

    今年4月『つながりの蔵』、5月『14歳の水平線』、6月『さしすせその女たち』と三ヶ月連続で刊行が続きている椰月美智子さん著作ですが、今回その刊行を記念し椰月さんのトークイベントを開催します。ゲストに各三作を担当された編集者の方々がご登壇され、それぞれの御本や椰月さんについてなど一緒にお話頂きます。ぜひ、ご来場ください。



    『つながりの蔵』
    KADOKAWA
    1512円(税込)
     
     

    『14歳の水平線』
    双葉社
    750円(税込)

    【詳細情報】

    日時:2018年6月28日(木)19:00~20:30終了予定(18:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。サイン会の終了は20時30分を予定しております。サインは『つながりの蔵』、『14歳の水平線』、『さしすせその女たち』各一冊計三冊までと限らせて頂きます。


    ●ゲスト:KADOKAWA、双葉社各担当編集者

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    ■イベント参加方法
    『つながりの蔵』、『14歳の水平線』、『さしすせその女たち』( 6月22日発売予定)の、
    いずれか一冊を店頭にてご購入の方でイベント参加ご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。


    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて対象の書籍をお買い求め ください。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。

    ■プロフィール

    椰月美智子さんプロフィール

    1970年神奈川県小田原市生まれ。
    2002年『十二歳』(講談社)で第42回講談社児童文学賞を受賞し同年デビュー。
    『しずかな日々』(講談社)で2007年第45回野間児童文芸賞、2008年第23回坪田譲治文学賞をそれぞれ受賞。その他作品に『るり姉』(双葉文庫)、『純愛モラトリアム』(祥伝社文庫)、『恋愛小説』(講談社文庫)、『かっこうの親、もずの子ども』(実業之日本社文庫)、『その青の、その先の、』(幻冬舎文庫)『消えてなくなっても』(角川文庫)、『伶也と』(文春文庫)、『明日の食卓』(KADOKAWA)、『見た目レシピいかがですか?』(PHP研究所)等多数。
    戻る
    『ファーストラヴ』(文藝春秋)発売記念 島本理生さんトークイベント&サイン会

    夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り上げられた。なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか?
    臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、環菜やその周辺の人々と面会を重ねることになる。そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは? 「家族」という名の迷宮を描く傑作長篇。
    (文藝春秋ホームページ『ファーストラヴ』作品紹介より)


    昨年映画化された『ナラタージュ』を初め、数々の印象に残る作品を手がけられた島本理生さんの5月発売の新作は、「家族」をテーマにした長編です。今回その刊行を記念し島本さんのトークイベントを開催します。ゲストに島本さんが『ファーストラヴ』を書くにあたって、色々ご教示ご協力頂いたという精神科医・臨床心理士の星野概念さんをお迎えします。ぜひ、ご来場ください。


    『ファーストラヴ』
    文藝春秋
    1728円(税込)
    【詳細情報】

    日時:2018年6月16日(土)17:00~19:00終了予定(16:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。サイン会の終了は19時を予定しております。
    サインは当店にてご購入頂いた『ファーストラヴ』(お一人様につき一冊)に限らせて頂きます。


    ●ゲスト:星野概念さん(精神科医・医学博士・臨床心理士・ミュージシャン)

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。


    ■イベント参加方法
    5月31日(木)発売予定『ファーストラヴ』(文藝春秋/1728円・税込)を大盛堂書店にてご購入の方でイベント参加をご希望の方に、 イベント&サイン会整理券をお渡しします。



    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて対象の書籍をお買い求め ください。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    ■プロフィール
    島本理生さんプロフィール
    1983年東京都生まれ。2001年「シルエット」で群像新人文学賞優秀作を受賞。03年『リトル・バイ・リトル』で野間文芸新人賞受賞。15年『Red』で島清恋愛文学賞受賞。著書に『ナラタージュ』『真綿荘の住人たち』『アンダスタンド・メイビー』『夏の裁断』『イノセント』『わたしたちは銀のフォークと薬を手にして』など多数。
     

    星野概念さんプロフィール
    精神科医・医学博士・臨床心理士・ミュージシャン。執筆も行い、『Yahoo!ライフマガジン』『文春オンライン』『MODERN FART』『BRUTUS』などで連載を持つ。著書に『ラブという薬』(いとうせいこうと共著)がある。

     
    戻る
    特別企画「わたしたちが書店に勤める理由と、文章を書く理由。」新井見枝香さん×花本武さんトークイベント

    当店トークイベントにも度々ご登壇頂いている、三省堂書店神保町本店・新井さんと吉祥寺BOOKSルーエ・花本さんの夢の初顔合わせのトークイベントを、今回満を持して開催します。お二人の書店で活動内容や、書評・エッセイ・詩など書くことについてのお話をたっぷりと伺います。現在、東京の書店員のなかで最も注目を集めているお二人のトークイベントに、ぜひご参加ください。


    『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』
    秀和システム
    1080円(税込)
    【詳細情報】

    日時:2018年6月13日(水)19:00~20:30終了予定(18:30開場)
    ※トーク終了後、花本武さんサイン会あり。サイン会の終了は20時30分を予定しております。
    花本さん著『短い詩集』(私家版 600円)を当日会場にてご購入の方が対象となります。

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    ■イベント参加方法

    新井見枝香さん著『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』、または大盛堂書店で販売している全商品700円以上(税込み)をご購入の方でイベント参加ご希望の方に、整理券を差し上げます。

    (配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・下記フォームからメールでのご予約をお勧めしています。)
    ご予約は、店頭、電話(03-5784-4900)、メールにて承ります。


    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて対象の書籍をお買い求め ください。
    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    ■プロフィール
    新井見枝香さんプロフィール
    三省堂書店勤務の書店員。入社後、都内店舗、営業本部勤務を経て現在は神保町本店にて文庫売場を担当。新井さん独自の店頭やイベントでの様々な取り組みは大きな注目を集めている。無類の食いしん坊。著書に『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)。
       

    花本 武さんプロフィール
    1977年生まれ。ブックスピストルズ、ブックストリートボーイズのメインMC。吉祥寺の書店勤務のかたわら、ごくまれに自作の詩を朗読する活動を行う。著書に私家版詩集『POP』『花本武の不在証明詩集』『ひとかどの男』などがある。

    戻る
    『超歌手』発売記念 大森靖子さんサイン会 
    『超歌手 』
    毎日新聞出版
    1620円(税込)
     

    『超歌手 VIP』
    毎日新聞出版
    3456円(税込)

    【詳細情報】

    日時:2018年6月9日(土)16:00~ (15:45開場)
    整理番号により、集合時間が異なりますのでご注意ください。
    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(150名様)※定員になり次第受付終了
    当日のご案内は整理番号順となります。

    イベント参加方法
    ご好評により定員に達しましたので、受付終了しました。
    ご予約で定員に達した場合、その後に書籍をご予約・ご購入いただいてもイベント参加整理券は付きません。

    ご予約
    されたお客様は1Fレジカウンターにて書籍購入の際にサイン会整理券(整理番号つき)をお渡しします。
    購入内容の変更希望は承っておりません。

    ※録音・録画はお断りしております。
    ※進行の都合上、著者とのツーショット撮影はNGとさせていただきます。
    ※イベント参加券をお持ちでない方は、いかなる理由でも当日会場に入ることはできません。
    ※イベント参加券の譲渡、転売は禁止とさせていただきます。



    ※整理券は当日のみ有効です。
    ※イベント開催前に、書籍をご購入頂いた場合、 書籍と整理券を忘れずにお持ちください。
    ※他店で購入された書籍・色紙等へのサインはご遠慮ください。

    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※イベント中はスタッフの指示に従って頂くよう、お願い致します。
    従って頂けない場合はイベントへの中止・中断または途中退場して頂く場合もございますのでご協力お願い致します。
    ※開店前のお待ち合わせ、入り待ち、出待ち等は、固くご遠慮申し上げます。



    イベント会場の都合上、集合時間前にご来場いただいても待機スペースはございません。
    集合時間に合わせてご来場下さい。 集合時間に間に合わなかった場合は、最後尾に並んでいただきます。

    最終の集合時間以降は、お並びの列が途切れ次第、イベントを終了させていただきます。


    お客様都合により当日イベントに参加できなかった場合、ご購入済みの書籍や整理券の払い戻しは致しかねます。
    サイン本のお取り置きなども致しかねますのでご了承ください。


     
    ■プロフィール

    大森靖子さんプロフィール

    1987年生まれ、愛媛県出身。ミュージシャン。 美大在学中に音楽活動を開始。弾き語りライブが口コミで話題となる。2014年、エイベックスよりメジャーデビュー。圧倒的なライブパフォーマンスや現代風俗を捉えた詞世界で注目を集める。2015年10月に出産を経て、同年末より活動再開。 2018年6月に初単著となるエッセイ集『超歌手』刊行(豪華版『超歌手 VIP』も同時発売)、7月にニューアルバム『クソカワPARTY』リリース予定。

    戻る
    『みなさんの爆弾』(中央公論新社)発売記念 朝比奈あすかさんトークイベント&サイン会

    「女子校って通い始めたらパラダイスだ」 猪突猛進の女子中学生 
    「エロい文章を売ってます。でも、この仕事に誇りを持ってもいる。」 官能小説も書くシングルマザー 
    「譲治とわたしは、あたたくとけあったひとつの肉体だった」 息子に耽溺する母親

    多くの読者や同業の小説家の方々からにも注目を集めている朝比奈あすかさんの4月発売の新刊は、印象的な「書く女」をテーマに、あらゆる境遇でモヤモヤを抱えた女性たちの書く源となった出来事や日常を描く連作短編集です。そして今回、恋愛、ホラー、官能、ファンタジーなど多彩な声が響き、大人になっても戸惑いを抱えた女性たちが登場するこの物語の魅力について語りつくすイベントを開催します。ゲストに昨年2月に開催した朝比奈さんトークイベントに引き続き、三省堂書店神保町本店に勤務し数多くのエッセイ執筆など、こちらも「書く」ことにおいても活躍されている新井見枝香さんをお迎えします。新井さんも絶賛する『みなさんの爆弾』、ぜひお読みになった上で本イベントにご参加ください。


    『みなさんの爆弾』
    中央公論新社
    1674円(税込)
    【詳細情報】

    日時:2018年5月30日(水)19:00~20:30終了予定(18:30開場)
    当イベントでは『みなさんの爆弾』の内容すべてに触れる予定です。
    事前にお読みになった上でご参加することをおすすめします。
    ※トーク終了後、サイン会があります。サイン会の終了は20時30分を予定しております。
    ●ゲスト:新井見枝香さん(三省堂書店神保町本店)

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。
    ●入場無料


    ※定員に達し次第、受付終了となりますので予めご了承ください。
    ※録音・録画はお断りしております。
    トークショー終了後のサイン会への参加をご希望の方は別途書籍の購入をお願い致します。
    他店で購入された書籍・色紙等へのサインはご遠慮ください。

    ■プロフィール

    朝比奈あすかさんプロフィール

    1976年生まれ。2000年。大伯母の戦争体験を記録したノンフィクション『光さす故郷へ』を発表。06年『憂鬱なハスビーン』で群像新人文学賞を受賞。著書に『憧れの女の子』『不自由な絆』『あの子が欲しい』『天使はここに』『自画像』『少女は花の肌をむく』『人間タワー』などがある。
     
    新井見枝香さんプロフィール

    三省堂書店勤務の書店員。入社後、都内店舗、営業本部勤務を経て現在は神保町本店にて文庫売場を担当。新井さん独自の店頭やイベントでの様々な取り組みは大きな注目を集めている。無類の食いしん坊。著書に『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)。
    戻る
    『黙過』(徳間書店)発売記念 下村敦史さんトークイベント&サイン会

    『闇に香る嘘』など数々の話題作を出されている下村敦史さんの4月新刊は、移植手術、安楽死、動物愛護など生命の現場を舞台にしたミステリーです。今回、その発売を記念したトークイベントを開催します。ゲストに下村さんとも親交がある三省堂書店神保町本店に勤務する新井見枝香さんをお招きします。ぜひご来場ください。


    『黙過』
    徳間書店
    1728円(税込)
    【詳細情報】
    日時:2018年4月25日(水)18:30~20:00終了予定(18:00開場)
    ※トーク終了後、サイン会があります。

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法

    4月21日(土)頃発売『黙過』(徳間書店・1728円・税込)をご購入の方でイベント参加ご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。

    (配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・下記フォームからメールでのご予約をお勧めしています。)


    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて『黙過』をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    ■プロフィール

    下村敦史さんプロフィール

    1981年京都府生まれ。2014年に『闇に香る嘘』で第60回江戸川乱歩賞を受賞。デビュー作ながら数々のミステリランキングで高い評価を受ける。続々と意欲作を刊行し、『生還者』は第69回日本推理作家協会賞の長編及び連作短編集部門の候補になる。様々な社会問題をテーマに緊張感に富んだエンターテインメント作品として仕上げる筆力から、今最も注目を集めている若手作家である。他の著書に『難民調査官』『サイレント・マイノリティ 難民調査官』の「難民調査官」シリーズ、『叛徒』『真実の檻』『失踪者』『告白の余白』『緑の窓口~樹木トラブル解決します』『サハラの薔薇』がある。

     
    新井見枝香さんプロフィール

    三省堂書店勤務の書店員。入社後、都内店舗、営業本部勤務を経て現在は神保町本店にて文庫売場を担当。新井さん独自の店頭やイベントでの様々な取り組みは大きな注目を集めている。無類の食いしん坊。著書に『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)。
    戻る
    『地下にうごめく星』発売記念 渡辺優さんトークイベント&サイン会

    2015年に『ラメルノエリキサ』で第28回小説すばる新人賞を受賞し、毒とユーモアをあわせ持った独特の作風でエンタメ界から熱い注目を集める渡辺優さん。
    そんな渡辺さんの最新作『地下にうごめく星』(単行本)が3月に発売されます。
    刊行を記念して、著者初となるトーク&サイン会の開催が決定!
    地下アイドルをテーマにした本作の執筆秘話や、ご自身の創作についてなど、渡辺さんの担当編集者と当店・山本が聞き手となって、たっぷりとお伺いします。
    ご参加の方には特典ギフトを進呈。著者への質問コーナーも!ぜひ、ご来場ください。


    『地下にうごめく星』
    集英社
    1512円(税込)
    【詳細情報】
    日時:2018年3月27日(火)19:00~20:30頃終了予定 (18:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会があります。
    サインは大盛堂書店にてご購入された書籍のみとなりますが、その他のお手持ちの渡辺さんの著書をご持参頂いた分に関してもサインをして頂けます。
    (但し、お一人様につき各一冊とさせて頂きます。)
    店頭・会場でも販売いたしますので、ご利用くださいませ。


    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法

    3月23日(金)頃発売『地下にうごめく星』(1512円・税込)をご購入の方でイベント参加ご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。

    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて『地下にうごめく星』をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    (『地下にうごめく星』内容紹介)
    たまたまライブで見た「地下アイドル」に、人生を賭けるほどのめりこんでしまった40代独身女子の夏美。一瞬でステージに魅了され、無謀にも「地下アイドルのプロデュース」に挑戦することに。そんな夏美のもとに集まった、4人の若者たち。所属するアイドルグループが解散して行き場をなくしたカエデ、女装してライブに通う高校生の翼、みずからを「天使」と自称するいじめられっ子の瑞穂、自分に自信を持てないままステージに立ち続ける愛梨――。
    「アイドル」の持つ光に引き寄せられた5人が、それぞれの居場所を探し求める道のり。
    人生の主役になれないすべての人たちに贈る、青春連作小説。

    ■プロフィール

    渡辺優(わたなべ・ゆう)さんプロフィール

    1987年宮城県生まれ。大学卒業後、仕事のかたわら小説を執筆。2015年に「ラメルノエリキサ」で第28回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2017年、『自由なサメと人間たちの夢』を刊行

     

    戻る
    『青空と逃げる』(中央公論新社)発売記念 辻村深月さんトークイベント&サイン会

    一人の母と一人の息子が、ある事故をきっかけに身を隠すように転々と逃げていく。そこで出会う人々のぬくもりと想い、そして二人を包む自然と風土。彼女たちが明日出会う風景は、また違ったものなのだろうか…。

    『かがみの孤城』が2018年本屋大賞候補としても話題を呼び、数々の素晴らしい作品を世に送り出されている辻村深月さんの新刊発売イベントを開催いたします。本作『青空と逃げる』執筆秘話など色々と伺います。当店では2016年11月以来の辻村さんのトークイベントとなりますので、ぜひ、ご来場ください。

    『青空と逃げる』
    中央公論新社
    1728円(税込)
    【詳細情報】
    日時:2018年3月26日(月)18:30~20:30頃終了予定 (18:00開場)
    ※トーク終了後、サイン会があります。サイン会の終了は20時30分を予定しております。

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法

    3月20日(火)頃発売『青空と逃げる』(1728円・税込)を大盛堂書店でご購入の方でイベント参加ご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。


    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。またサイン会の際、著者への握手のご希望はご遠慮頂いております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて『青空と逃げる』をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    (『青空と逃げる』内容紹介)

    深夜の交通事故から幕を開けた、家族の危機。押し寄せる悪意と興味本位の追及に日常を奪われた母と息子は、東京から逃げることを決めた――。辻村深月が贈る、一家の再生の物語。読売新聞好評連載、待望の単行本化。

    ■プロフィール


    クレジット:吉成大輔

    辻村深月さんプロフィール

    1980年生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞受賞、『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞受賞。『スロウハイツの神様』『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ』『朝が来る』『東京會舘と私』『クローバーナイト』『かがみの孤城』など著書多数。
    戻る
    『96敗――東京ヤクルトスワローズ~それでも見える、希望の光~』(インプレス)発売記念 著者・長谷川晶一さんトークイベント&サイン会

    球団ワーストの「96敗」を喫した2017年のヤクルトには、いったい何があったのか。負けても負けても神宮に通い続けた著者が語る、どん底シーズンに見た「希望の光」とは何か、をまとめた書籍が、2018年3月23日に発売されます。そこで今回、ヤクルトのお膝元(?)である渋谷において、大のヤクルトファンであり本書を執筆された長谷川晶一さんと、同じくヤクルトファンで、毎年丹念にヤクルトを取材されているフリーライターの菊田康彦さんをお招きして、「96敗」の真実や2018年シーズンの「希望」について存分に語っていただきます。ぜひご来場ください。


    『96敗』
    インプレス
    1836円(税込)
    【詳細情報】

    日時:2018年3月23日(金)18:30~20:30終了予定(18:00開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。サイン会の終了は20時30分を予定しております。
    ※当日当店にてご購入された『幸運な男――伊藤智仁 悲運のエースの幸福な人生』(インプレス)もサインをいたします。また菊田康彦さん著の『燕軍戦記 スワローズ、14年ぶり優勝への軌跡』(カンゼン)をご購入された方には、菊田康彦さんがサインをいたします。

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(各回40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法
    『96敗』(1836円・税込)を大盛堂書店にてご購入の方でご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。


    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて『96敗』(1836円・税込)をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

     
    ■プロフィール

    長谷川晶一さんプロフィール

    長谷川晶一(はせがわしょういち)
    1970年5月13日生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務を経て2003年にノンフィクションライターに。05年よりプロ野球12球団すべてのファンクラブに入会し続ける、世界でただひとりの「12球団ファンクラブ評論家(R)」。ではあるが、実は1980年に初めてヤクルトFCに入会して以来39年純潔を保ち続ける一途なヤクルトファン。著書に『プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!』『いつも、気づけば神宮に東京ヤクルトスワローズ「9つの系譜」』(以上、集英社)、『プロ野球語辞典』(誠文堂新光社)、『オレたちのプロ野球ニュース』(東京ニュース通信社)、『幸運な男――伊藤智仁 悲運のエースの幸福な人生』(インプレス)ほか多数。『文春オンライン』の『文春野球コラム』ではヤクルトを担当。

    http://blog.hasesho.com/ http://www.facebook.com/hasesho

    菊田康彦さんプロフィール

    菊田康彦(きくたやすひこ)
    静岡県出身。小学4年生の時にTVで観たヤクルト対巨人戦がきっかけで、ほとんど興味のなかった野球にハマり、スワローズ・ウォッチャー歴は30年を超える。また、小5の秋にワールドシリーズをTV観戦したのを機にメジャーリーグの虜に。大学卒業後、地方公務員、英会話講師などを経てフリーライターに転身した。2007年からスポーツナビに不定期でMLBなどのコラムを寄稿。04~08年は『スカパーMLBライブ』、16~17年は『スポナビライブMLB』に出演した。著書に『燕軍戦記 スワローズ、14年ぶり優勝への軌跡』(カンゼン)。編集協力に『石川雅規のピッチングバイブル』(ベースボール・マガジン社)、『東京ヤクルトスワローズ語録集燕之書』(セブン&アイ出版)。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kikutayasuhiko/

    戻る
    『春の旅人』(立東舎)発売記念 村山早紀さん×げみさんトークイベント&サイン会

    『桜風堂ものがたり』のコンビが贈る、小説とイラストの、しあわせな融合。大人気作家・村山早紀の未発表作品を含む3つの短編を、数多くの装幀で知られるイラストレーター・げみの世界観に寄り添うやさしいイラストが彩る、華麗な1冊。オールカラー・全イラスト描き下ろし。どこまでもやさしい、3つの物語。(立東舎ホームページより)

    当店開催のトークイベントに度々ご登壇され、『百貨の魔法』が2018年本屋大賞にノミネートされている小説家・村山早紀さんと、数々の小説の表紙絵を手掛けられているイラストレーター・げみさんによる待望の作品が発売されます。今回の発売を記念したお二人のトークイベントに、ぜひ、ご来場ください。


    『春の旅人』
    立東舎
    1296円(税込)
    【詳細情報】

    日時:2018年3月21日(水・祝)
    ※トーク終了後、サイン会あり。

    第一部 12:00~14:30 (11:30開場)
    →通常のトークイベントとなります。
    第二部 15:30~18:00 (15:00開場)
    →特別企画「村山さん、げみさんに質問しよう、質問されよう。」
    ご来場の皆様からの村山早紀さん、げみさんへの質問に、お二人が答えます!また村山さん、げみさんからの質問に、ご来場の皆様に答えて頂きます!登壇者のみならず観客をまきこんでのイベント、滅多にない機会ですので、ぜひ、お見逃しなく。


    ※両部ともトークの時間は1時間程度を予定しております。

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(各回40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法
    3月16日発売予定『春の旅人』(立東舎)を店頭にてご購入の方でご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。

    (配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・下記フォームからメールでのご予約をお勧めしています。)
    ご予約は第一部、第二部どちらかのご参加ご希望かを必ずご記入ください。
    両方の参加は受け付けておりませんのでご注意ください。

    またメールで第二部ご予約の方は、お二人への質問事項をご記入ください。お電話でのご予約の方は、イベント当日、記入用紙をお渡ししますので、会場にてお申し付けください。

    質問は出来る限りお答えしますが、時間の関係上、全ての設問にお答えできない場合もございます。また不快になるような内容・文言の使用はご遠慮ください。


    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて『春の旅人』(1296円・税込)をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

     
    ■プロフィール

    村山早紀さんプロフィール

    1963年長崎県生まれ。『ちいさいえりちゃん』で毎日童話新人賞最優秀賞、第4回椋鳩十児童文学賞を受賞。『シェーラひめのぼうけん』、『砂漠の歌姫』、『はるかな空の東』、『コンビニたそがれ堂』シリーズ、『ルリユール』、『カフェかもめ亭』、『海馬亭通信』、『花咲家の人々』、『竜宮ホテル』、『かなりや荘浪漫』、『百貨の魔法』、2017年本屋大賞にノミネートされ話題となった『桜風堂ものがたり』など、著書多数。(立東舎ホームページより)
     

    げみさんプロフィール

    1989年兵庫県三田市生まれ。京都造形芸術大学美術工芸学科日本画コース卒業後、イラストレーターとして作家活動を開始。数多くの書籍の装画を担当し、幅広い世代から支持を得ている。著書に『檸檬』(梶井基次郎+げみ)、『げみ作品集』がある。(立東舎ホームページより)
     
    ■お問い合わせ

    その他お問い合わせは店頭またはお電話(03-5784-4900)にてお伺い致します。※9:30~21:00

    戻る
    特別企画 「これからも本と雑誌を売る。本と雑誌を広める。」 新井見枝香さん×文藝春秋・田中裕士さんトークイベント

    本屋の店頭で本や雑誌を売る。本と雑誌を発行する出版社の現場からその魅力を発信する。いつでもその両者に共通していることは、もっと広く人々に読んでもらいたいという想いです。今回、その想いをいつも感じて実践されているお二人をお招きしてのトークイベントを開催します。当店のトークイベントにも度々登壇し、店頭でも様々な魅力的な仕掛けをしている書店員・新井見枝香さんと、SNSなどを通じて積極的なPRに努めている文藝春秋宣伝プロモーション局プロモーション部長・田中裕士さんをお招きしての今回のイベントに、ぜひご来場ください。


    『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』
    秀和システム
    1080円(税込)
    【詳細情報】
    日時:2018年3月20日(火)19:00~20:30頃終了予定 (18:30開場)
    ※トーク終了後、新井さんによるご来場のお客様との「ふれあい会」があります。
    ●司会:大盛堂書店 山本 

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法

    新井見枝香著『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)か、文藝春秋発行の書籍・雑誌(税込700円以上)を店頭にてご購入の方でご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。
    (配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・下記フォームからメールでのご予約をお勧めしています。)


    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて対象の書籍・雑誌をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

     
    ■プロフィール

    新井見枝香さんプロフィール

    某チェーン書店勤務の書店員。入社後、都内店舗、営業本部勤務を経て現在は某本店にて文庫売場を担当。新井さん独自の店頭やイベントでの様々な取り組みは大きな注目を集めている。無類の食いしん坊。著書に『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)。

    田中 裕士(たなか ひろし)さんプロフィール

    1990年文藝春秋に入社。「週刊文春」編集部、「文藝春秋」編集部、書籍編集部などを経て、ウェブ事業部長(NumberWeb編集室長、「本の話WEB」編集長など兼任)時代に、「週刊文春」の「スクープ速報」配信やデジタル購読を作り、SmartNewsの読書チャンネル立ち上げに協力。2015年よりプロモーション部長。『火花』『羊と鋼の森』『コンビニ人間』などのプロモーション施策を行なう。趣味は書店めぐり。
    戻る
    『ガズレレ歌本 vol.3』 出版記念トークショー&サイン会
    『ガズレレ歌本 vol.3』の発売を記念し、トークショー&サイン会を開催します!
    昨年9月に開催した渋谷駅前読書大学では予約開始後、即満席になった人気イベントですので早めのご予約をおすすめします。
    3月17日(土)はウクレレもって渋谷へGO!
    ご好評につき追加開催決定!

    『ガズレレ歌本 vol.3』
    【詳細情報】
    日時:2018年3月17日(土)
    12:00~13:00頃終了予定 (11:30開場)

    15:00~16:00頃終了予定 (14:30開場)

    ※トークショー終了後、サイン会あり。
    会場でガズさんの他の著書も販売しております。  あわせてサインを頂けますのでご利用ください。
    サインは大盛堂書店にてご購入された書籍のみとなります。


    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(各回50名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法

    ご予約は、電話(03-5784-4900)、メールにて承ります。

    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

     
    ■ガズさんプロフィール

    YouTubeで音楽初心者向けに簡単ウクレレレッスン動画を随時公開するウクレレユーチューバーガズ。(現在チャンネル登録 2万人以上、総再生回数523万回以上)バンドマン時代にメジャーよりCDリリース&全国ツアー活動のほかアメリカロサンゼルスには2度に渡りツアーを敢行。その他ギタリストや作曲家として様々なプロジェクトに参加。三池崇史監督 劇場公開映画『FAMILY』の全挿入歌を提供。
     
    ある日突然急性骨髄性白血病を発症し長年の闘病生活の後に骨髄移植で命を取り留める。その時「音楽」の存在に助けられたことで、どんな人であろうと音楽を始めたほうがいい!一番簡単で一番小さなウクレレを使って音楽を始めよう!そんな想いでウクレレ教室 GAZZLELE をスタート!
    「音楽を聴くのはサイコーだけどやるはもっとサイコー!」が合言葉。全国各地で行われるイベントは殆どがソールドアウトとなる。


    You Tube:https://www.youtube.com/user/makogazz69

    ホームページ:https://www.gazzlele.com/

    戻る
    『護られなかった者たちへ』(NHK出版)発売記念 中山七里さんトークイベント&サイン会
     

    数々のミステリ作品を著し、多くの読者を魅了する小説家・中山七里さんの新刊『護られなかった者たちへ』発売記念イベントを開催いたします。ゲストに中山さんの大ファンで普段から中山さんとの親交の厚い、「本屋の新井さん」をお迎えします。ぜひ、ご来場ください。


    『護られなかった者たちへ』
    NHK出版
    1728円(税込)
    【詳細情報】
    日時:2018年3月7日(水)19:00~20:30頃終了予定 (18:30開場)
    ※トークショー終了後、中山七里さんによるサイン会あり
    ●ゲスト:本屋の新井さん(書店員) 

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法

    『護られなかった者たちへ』(NHK出版/1728円・税込)を1月31日(水)以降店頭にてご購入の方でイベント参加ご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。


    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて書籍をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ※イベント開催前に、『護られなかった者たちへ』をご購入頂いた場合、 書籍と整理券を当日忘れずにお持ちください。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。


    『護られなかった者たちへ 』紹介

    「あなたにこの物語の犯人はわからない」 ― 中山七里

    仙台市の福祉保健事務所課長・三雲忠勝が、手足や口の自由を奪われた状態の餓死死体で発見された。三雲は公私ともに人格者として知られ怨恨が理由とは考えにくい。
    一方、物盗りによる犯行の可能性も低く、捜査は暗礁に乗り上げる。
    三雲の死体発見から遡ること数日、一人の模範囚が出所していた。
    男は過去に起きたある出来事の関係者を追っている。男の目的は何か? なぜ、三雲はこんな無残な殺され方をしたのか?

    誰が被害者で、誰が加害者なのか──。
    怒り、哀しみ、憤り、葛藤、正義……
    この国の制度に翻弄される当事者たちの感情がぶつかり合い、読者の胸を打つ!

    第三の被害者は誰なのか?
    殺害された彼らの接点とは?
    第三の被害者は?
    本当に“護られるべき者”とは誰なのか?

    “どんでん返しの帝王”中山七里が、日本の社会福祉制度の限界に挑んだ問題作!

    (NHK出版ホームページ紹介より)

    ■プロフィール

    中山七里さんプロフィール

    1961年生まれ、岐阜県出身。2009年『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞。 斬新な視点と華麗などんでん返しで多くの読者を獲得している。他に『総理にされた男』『贖罪の奏鳴曲』『テミスの剣』『ヒポクラテスの誓い』『ネメシスの使者』『ワルツを踊ろう』『逃亡刑事』など著書多数。

    (NHK出版ホームページ紹介より)

    本屋の新井さんプロフィール

    某チェーン書店勤務の書店員。入社後、都内店舗、営業本部勤務を経て現在は某本店にて文庫売場を担当。新井さん独自の店頭やイベントでの様々な取り組みは大きな注目を集めている。無類の食いしん坊。著書に『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)。
    戻る
    『クローゼット』(新潮社)発売記念 千早茜さんトークイベント&サイン会

    「小説新潮」で連載されていた千早茜さんの最新小説『クローゼット』が2月に刊行されます。1万点以上の服を収蔵する、服の美術館が舞台です。千早さんはモデルとなった京都服飾文化財団(KCI)(http://www.kci.or.jp/)を何度も訪れ、キュレーターや洋服補修士の方々に取材を重ねて書き上げられました。ふだんのぞくことのできない美術館のバックヤードで働いている人たちの「お仕事小説」としても楽しめます。洋服への、そしてもちろん人間への愛情がたっぷり詰まった『クローゼット』の発売を記念して、トークイベントを開催します。ゲストは、第1回新井賞を『男ともだち』(文藝春秋)に贈呈し、千早さんとも交友がある三省堂書店神保町本店に勤務する新井見枝香さん。ぜひ、ご来場ください。


    『クローゼット』
    新潮社
    1512円(税込)
    【詳細情報】
    日時:2018年3月6日(火)19:00~20:30頃終了予定 (18:30開場)
    ※トークショー終了後、千早さんによるサイン会があります。
    ●ゲスト:新井見枝香さん

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法

    2月27日(火)頃発売『クローゼット』(1512円・税込)をご購入の方でイベント参加ご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。


    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて『クローゼット』をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    『クローゼット』 内容紹介

    秘密に束縛され、男性が苦手なまま大人になった洋服補修士の女。要領よく演技するのが得意だけど、好きな事から逃げてばかりいるフリーターの男。服を愛している。それだけが共通点のはずだった――。一歩前に、もっと前に。あなたの勇気を後押しする長編小説。
    (新潮社ホームページより)
    ■プロフィール

    千早茜さんプロフィール

    1979(昭和54)年、北海道生まれ。立命館大学卒業。幼少期をザンビアで過ごす。2008(平成20)年、小説すばる新人賞を受賞した『魚神(いおがみ)』でデビュー。2009年、同作にて泉鏡花賞、2013年、『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞した。『あとかた』と2014年刊行の『男ともだち』はそれぞれ直木賞候補になる。他の著書に『おとぎのかけら 新釈西洋童話集』『からまる』『あやかし草子 みやこのおはなし』『森の家』『桜の首飾り』『眠りの庭』などがある。

    (新潮社ホームページより)
     

    新井見枝香さんプロフィール

    三省堂書店勤務の書店員。入社後、都内店舗、営業本部勤務を経て現在は神保町本店にて文庫売場を担当。新井さん独自の店頭やイベントでの様々な取り組みは大きな注目を集めている。無類の食いしん坊。著書に『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)。

    「絵・まんしゅうきつこ」

     
    ■お問い合わせ

    その他お問い合わせは店頭またはお電話(03-5784-4900)にてお伺い致します。※9:30~21:00

    戻る
    美しく、狂おしく岩下志麻の女優道』(文藝春秋)発売記念 「春日太一、これまでの著作全二十冊を一人で語り尽くす。」
     

    『時代劇は死なず!』の発行から十年、映画史・時代劇研究の他にも多方面にて活躍されている春日太一さんのこれまで執筆、発行された全二十冊の取材・執筆の秘話について著者・春日さん自身が語り尽くします。これまで当店のトークイベントにも度々登壇され、これからもますますの活躍が期待されている春日さんのトークに、ぜひご期待ください。


    『美しく、狂おしく岩下志麻の女優道』
    文藝春秋
    1890円(税込)
    【詳細情報】
    日時:2018年3月4日(日)15:00~17:00頃終了予定 (14:30開場)
    ※トーク終了後、サイン会あり。サイン会の終了は17時00分を予定しております。

    *当日『美しく、狂おしく岩下志麻の女優道』以外の春日さん著書を当店にてご購入いただいたお客様には、春日さんから特典プレゼントがあります。
    また、同日別の会場にて開催される春日さんとサンキュータツオさんとのトークイベントにご参加の方には、さらに別の特典プレゼントも進呈。
    ※特典プレゼントはイベント会場でお渡しいたします。

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて書籍をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ※イベント開催前に、『美しく、狂おしく岩下志麻の女優道』をご購入頂いた場合、 書籍と整理券を当日忘れずにお持ちください。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    プロフィール

    春日太一さんプロフィール

    映画史・時代劇研究家。1977 年東京都生まれ。日本大学大学院博士後期課程修了。

    映画界を彩った俳優達のインタビューをライフワークにしている。その確かな筆致・構成・取材力は幅広い支持を得ている。著書に『天才勝新太郎』(文春新書)『あかんやつら東映京都撮影所血風録』(文春文庫)『役者は一日にしてならず』(小学館)『市川崑と「犬神家の一族」』(新潮新書)『ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで』(文春文庫)『仲代達矢が語る日本映画黄金時代完全版』(文春文庫)など。現在、週刊ポスト、週刊文春にてコラムを連載中
    戻る
    ;
    『臆病な詩人、街へ出る。』(立東舎)発売記念 文月 悠光さんトークイベント&サイン会
     

    2月にウェブマガジン「cakes」にて連載されていた文月悠光さん「臆病な詩人、街へ出る。」が、書籍化されます。今回はその刊行記念として、当店では2016年10月以来となる文月さんのトークイベントを開催します。またゲストには、東京・吉祥寺にある書店BOOKSルーエに勤務し、一方で数々のイベントでポエトリーリーディングを披露している花本武さんをお迎えします。本作のお話以外にも、詩に関わるお二人のトークをぜひお楽しみください。文月さんが本イベントのために書き下ろした〈参加者限定の特典〉もございます。どうぞ奮ってご参加ください。


    『臆病な詩人、街へ出る。』
    立東舎
    1728円(税込)
    【詳細情報】
    日時:2018年2月16日(金)19:00~20:30頃終了予定 (18:30開場)
    ※トークショー終了後、文月さんによるサイン会あり
    会場で文月さんの他の著書も販売しております。 あわせてサインを頂けますのでご利用ください。
    サインは大盛堂書店にてご購入された書籍のみとなります。

    ゲスト:花本 武さん(書店員・詩人)
    司会:大盛堂書店 山本

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    ご好評により定員に達しましたので、受付終了しました。
    ご予約で定員に達した場合、その後に書籍をご予約・ご購入いただいてもイベント参加整理券は付きません。
    書籍の販売は2月16日(金)の発売日までお待ちください。


    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて書籍をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

    『臆病な詩人、街へ出る。』紹介

    翻訳家・岸本佐知子推薦! web連載で話題沸騰の若手女性詩人によるエッセイ、ついに書籍化。
    「早熟」「天才」と騒がれた女子高生は、今やどこにもいない。残されたのは、臆病で夢見がちな冴えない女——。
    「ないない」尽くしの私は、現実に向き合うことができるのか?
    18歳で中原中也賞を受賞した著者が、JK詩人からの脱却を図った体当たりエッセイ集。
    連載時、話題を呼んだ「私は詩人じゃなかったら「娼婦」になっていたのか?」を始め、初詣から近所の八百屋、海外からストリップ劇場まで、詩人の気の向くままに「街へ出る」体験記です。web連載に書き下ろしエッセイを2篇追加した決定版になります。

    岸本佐知子・推薦の言葉
    「これはコントローラーのないRPG。
    冒険の最後に詩人が見つける宝石みたいな言葉は、
    私たちの胸も明るく照らす。」

    (立東舎ホームページより)

    ■プロフィール

    文月 悠光 さんプロフィール

    詩人。1991年北海道生まれ、東京在住。中学時代から雑誌に詩を投稿し始め、16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年生のときに発表した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』(思潮社)で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少18歳で受賞。早稲田大学教育学部在学中に、第2詩集『屋根よりも深々と』(思潮社)を刊行。2016年、初のエッセイ集『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、第3詩集『わたしたちの猫』(ナナロク社)を刊行する。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、詩作の講座など広く活動中。〈文月悠光〉は、14歳のときに詩を投稿するために考えたペンネームです。
    ◎公式サイト→ http://fuzukiyumi.com

    (立東舎ホームページより)

    花本 武さんプロフィール

    1977年生まれ。ブックスピストルズ、ブックストリートボーイズのメインMC。吉祥寺の書店勤務のかたわら、ごくまれに自作の詩を朗読する活動を行う。著書に私家版詩集『POP』『花本武の不在証明詩集』『ひとかどの男』などがある。
    戻る
    『俺たちの「戦力外通告」』(ウエッジ)発売記念 著者・高森勇旗さんトークイベント&サイン会
     

    「戦力外通告」――。プロ野球という華やかな世界に入った天才たちに訪れる、残酷な瞬間です。
    著者は、横浜ベイスターズで活躍しながらも、宣告を受けてプロ野球界を去った経験を持つ高森勇旗さん。本書は、高森さんと同じように戦力外通告を受けて第二の人生を歩み始めた、25人のプロ野球選手へのインタビューです。インタビューした元選手には、コーチという立場で現役以上の結果を出している人もいれば、野球をスッパリとあきらめて公認会計士や高校教師になった人もいます。彼らはプロ野球で戦った経験があるから、違うステージでも力を発揮できるのです。
    「戦力外通告」はどんな世界にも存在するシビアな現実です。しかしそれゆえ、本書で語られる元選手たちの吐露は、多くの読者の心を打つことでしょう。(ウエッジ・ホームページ『俺たちの「戦力外通告」』紹介より)

    今回、高森勇旗さんの新刊『俺たちの「戦力外通告」』発売を記念したトークイベントを開催いたします。ゲストに野球など多方面のコラムで活躍し高森さんも敬愛されている、フリーライターの村瀬秀信さんをお迎えします。本書に関する話はもとより、高森さんがプロ野球選手を辞めた後、なぜライターという仕事に就かれた理由もお聞きできると思います。ぜひ、ご来場くださいませ。


    『俺たちの「戦力外通告」』
    ウェッジ
    1404円(税込)
    『4522敗の記憶』
    双葉社
    820円(税込)
    【詳細情報】
    ●日時:2018年2月2日(金)19:00~20:30頃終了予定 (18:30開場)
    ※トークショー終了後、高森さん、村瀬さんによるサイン会あり

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法
    『俺たちの「戦力外通告」』(1404円・税込)をご購入の方でイベント参加ご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。

    配布予定数が無くなり次第終了のため、事前のご予約をお勧めしています。
    サインは大盛堂書店にてご購入された書籍のみとなります。また当日会場で村瀬さんの著書も販売しておりますのでご利用ください。




    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は
    1Fレジカウンターでのお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて書籍をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ※イベント開催前に、『俺たちの「戦力外通告」』をご購入頂いた場合、 書籍と整理券を当日忘れずにお持ちください。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

     
    ■プロフィール

    高森勇旗さんプロフィール

    1988年生まれ。富山県高岡市出身。中京高校から2006年横浜ベイスターズに高校生ドラフト4位で入団。田中将大、坂本勇人、梶谷隆幸らと同学年。2012年戦力外通告を受けて引退。ライター、アナリスト、マネジメントコーチなど引退後の仕事は多岐にわたる。
    (ウエッジ・ホームページより)

    村瀬秀信さんプロフィール

    フリーライター。1975年横浜生まれ。茅ヶ崎西浜高校野球部卒。 全国放浪後、出版社、編集プロダクションを経て独立。エンタテイメントとプロ野球をテーマに『ナンバー』『週刊文春』『ゲーテ』などの雑誌に寄稿。幼少期からの大洋・横浜ファン。著書は『プロ野球最期の言葉』(イーストプレス)、『4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ涙の球団史』(双葉社文庫)『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』(講談社文庫)、『それでも気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』(交通新聞社)など。
    戻る
    特別企画 岡宗秀吾さん×清野茂樹さんトークイベント&サイン会 
     

    昨年11月に出版した初のエッセイ『煩悩ウォーク』(文藝春秋)が話題となっているテレビディレクターの岡宗秀吾さんと、プロレス実況やももいろクローバーZの特殊実況のほか、『1000のプロレスレコードを持つ男』(立東舎)など本の執筆もされているフリーアナウンサーの清野茂樹さんとのトークイベントを開催します。幼馴染というお二人のトークをお楽しみください。


    『煩悩ウォーク』
    文藝春秋
    1728円(税込)
     

    『1000のプロレスレコードを持つ男』
    立東舎
    2160円(税込)

    【詳細情報】
    ●日時:2018年1月21日(日)14:00~15:30頃終了予定 (13:30開場)
    トークショー終了後、サイン会あり
    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
    ●お席は自由席となっております。

    イベント参加方法


    岡宗秀吾さん著『煩悩ウォーク』(文藝春秋)、清野茂樹さん著『1000のプロレスレコードを持つ男』(立東舎)いずれか一冊をご予約後、1月7日以降に店頭にて商品をご購入した方に整理券をお渡しします。


    ※トークショー終了後、サイン会あり。お手持ちの『煩悩ウォーク』、『1000のプロレスレコードを持つ男』にサインをいたします。
    イベント当日会場でも販売しておりますのでご利用ください。但し、お一人様につき各一冊とさせて頂きます。何卒ご了承くださいませ。



    ※イベント会場でのお支払いは現金のみです。図書カード、クレジットカードをご利用のお客様は1Fレジカウンターでお支払いとなります。
    ※録音・録画はお断りしております。
    ※電話、メールで予約をされた方は、イベント開始までに1Fレジカウンターにて書籍をお買い求め ください。
    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ※イベント開催前に、対象書籍をご購入頂いた場合、 書籍と整理券を当日忘れずにお持ちください。
    ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。

     
    ■プロフィール

     岡宗秀吾さんプロフィール
    1973年兵庫県神戸市生まれ。1995年の阪神・淡路大震災を機に上京、フリーランスのテレビマンとなる。代表作にDVD『全日本コール選手権』シリーズ、『とにかく金がないTVとYOU』、『BAZOOKA!!!』(スタートから第10回高校生RAP選手権in日本武道館まで)がある。(『煩悩ウォーク』記載プロフィールより)


    清野茂樹さんプロフィール
    1973年兵庫県神戸市生まれ。広島エフエム放送でアナウンサーを経験後、2006年よりフリーとなる。幼い頃からの夢であったプロレス実況を実現させ、2015年には新日本プロレス、WWE、UFCという世界3大メジャー団体の実況を史上初めて達成。その対象はリング上だけに留まらず、コンサートに出演直前のももいろクローバーZ、世界陸上でウォーミングアップをするウサイン・ボルト、日比谷野外音楽堂のステージに登場する細野晴臣など…何でも実況してしまう“特殊実況”を得意とする。また、廃盤プロレスレコードは1000枚を所有するコレクター&テーマ曲研究家の一面も持っている。 (清野茂樹さん公式ホームページより)

    戻る
    『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』(秀和システム)発売記念 新井見枝香さんトークイベント&撮影会 
     

    当店のトークイベントにも登壇して頂いている、あの“本屋の新井さん”初の著作が12月に刊行されます。
    今回、自分らしさを探して日々を生きている新井さんの私的エッセイ 『探しているものはそう遠くはないのかもしれない』発売を記念しての本トークイベント、今回はゲストに東京・荻窪で書店「Title」を営み、その他にも書評、エッセイ、トークイベントでも活躍されている、辻山良雄さんをお迎えします。ぜひご来場ください。


    『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』
    秀和システム
    1080円(税込)
    【詳細情報】

    ●日時:2018年1月16日(火)18:30~20:30 (18:00開場)
    終了時間は早まることもございます。

    ●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
    ●定員(40名様・自由席)

    ●司会:大盛堂書店 山本
    ●ゲスト:辻山良雄さん(Title店主)

    ※トークショー終了後、ご希望の方には新井さんとのツーショット撮影会あり。
    著者の希望により『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』のサイン書きはございませんので、あらかじめご了承ください。
    イベント当日、辻山さんの新刊『365日のほん』(河出書房新社)をご持参頂くと、辻山さんにサインをしていただけます。現在2F売り場や、会場でも販売しておりますのでご利用ください。


    ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
    ※定員に達し次第、終了となりますので予めご了承ください。
    ※録音・録画はお断りしております。

     
    ■プロフィール
    新井見枝香さんプロフィール

    某チェーン書店勤務の書店員。入社後、都内店舗勤務を経て現在は営業本部に所属。新井さん独自の店頭やイベントでの様々な取り組みは大きな注目を集めている。無類の食いしん坊。

    辻山良雄さんプロフィール

    1972年、神戸市生まれ。大学卒業後、書店「リブロ」勤務を経て、2016年1月、東京・荻窪に荻窪に本屋とカフェとギャラリーの店「title」をオープン。著作に『本屋、はじめました』など。(河出書房新社ホームページから)

     
    戻る
     

      Copyright (C) Taiseido all rights reserved.