『日本の戦争映画』(文春新書)刊行記念 著者・春日太一さんトークイベント

『暁の脱走』『独立愚連隊』から『この世界の片隅に』まで――。
日本映画はいかに戦争と向き合ってきたか?
元特攻隊の脚本家、学徒兵だったプロデューサー、戦地から生還した映画監督が
映画に込めた、自らの戦争への想いとは?
特別対談として、『この世界の片隅に』片渕須直監督も登場! (文藝春秋BOOKSより引用)

映画史・時代劇研究家として活躍されている春日太一さんの7月の新刊は、日本映画における「戦争」をテーマにした新書です。今回、その刊行を記念したトークイベントを開催。ぜひ、ご来場ください。


【詳細情報】

●日時:2020年8月2日(日)16:00~~17:00頃終了予定(15:30開場 開演後途中入場可)
開場はイベント開始時間の30分前からです。時間前のご集合はご遠慮くださいませ。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、サイン会は中止となります。
●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
●お席は自由席です。※ご入場は整理券番号順ではございません。

イベント参加方法:ご好評により定員に達しましたので、受付終了しました。
7月20日発売予定『日本の戦争映画』(文春新書)を大盛堂書店でご購入の方でイベント参加ご希望の方に、整理券をお渡しします。
配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・メールでのご予約をお勧めしています。


イベント開始までに1Fレジカウンターにて対象書籍をご購入ください。
その際イベント整理券をお渡しします。整理券の配布は発売日以降です。

・『日本の戦争映画 』(968円・税込)

イベント開場前後はレジが大変混雑いたします。時間に余裕を持ってご来場いただきますよう、ご協力お願い致します。


新型コロナウイルス感染拡大がある場合、イベントの開催を再延期、または中止させて頂く可能性があります。予めご了承ください。 中止・延期のお知らせは開催1週間前にお知らせします。

※ご来場の際は、必ずマスクの着用をお願いいたします。マスクを着用されてないお客様のご入場をお断りいたします。
※イベント会場にご入場の際、お客様の体温を測定させていただきます。ご了承ください。
※発熱など体調に不安がある場合は、ご来場をお控えください。

※イベント中の録音・録画・撮影はお断りしております。
※係員の指示及び注意事項に従わない方がいた場合、イベントが中止になる恐れがあります。
※先着順のため、申込み時に定員に達していることがあります。 予めご了承ください。

ご予約のお客様が不参加の場合、 イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。

■プロフィール

春日太一さんプロフィール
映画史・時代劇研究家。1977年東京都生まれ。日本大学大学院博士後期課程修了。映画界を彩った俳優達のインタビューをライフワークにしている。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)『あかんやつら―東映京都撮影所血風録』『仲代達矢が語る日本映画黄金時代 完全版』『ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで』(文春文庫)『役者は一日にしてならず』『すべての道は役者に通ず』(小学館)『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』『泥沼スクリーン』(文藝春秋)『時代劇は死なず! 完全版』(河出文庫)『黙示録 映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄』(文藝春秋)『時代劇入門』(角川新書)など多数。現在、週刊ポスト、週刊文春にてコラムを連載中。

戻る
『さいはての家』(集英社)刊行記念 著者・彩瀬まるさんトークイベント&サイン会

1月24日に彩瀬まるさんの最新連作短編集『さいはての家』が集英社から刊行されます。その刊行を記念し今回彩瀬さんのトークイベントを開催。駆け落ち、逃亡、雲隠れ。行き詰まった人々が、ひととき住み着く「家」を巡る今作。ちょっと切ないけど目を逸らすことができない…そんな世界が広がる物語について、お話をたくさん伺う予定です。彩瀬さんファンやこれから彩瀬さんの作品を読まれる方、ぜひご来場ください。



【詳細情報】

日時:2020年2月7日(金)19:00~20:30頃終了予定(18:30開場)
開場はイベント開始時間の30分前からです。時間前のご集合はご遠慮くださいませ。
※トーク終了後、サイン会あり。サイン会の終了は20時30分(ただし、早まることもあります)を予定しております。

●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
●お席は自由席です。※ご入場は整理券番号順ではございません。

イベント参加方法:参加には整理券が必要です。
『さいはての家』(1月24日発売)を店頭にてご購入の方でイベント参加ご希望の方に、イベント&サイン会整理券をお渡しします。
※配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・メールでのご予約をお勧めしています。


ご予約されたお客様はイベント開始までに1Fレジカウンターにて対象書籍をご購入ください。
その際イベント整理券をお渡しします。整理券の配布は発売日以降です。

・『さいはての家 』(1650円・税込)

イベント開場前後はレジが大変混雑いたします。時間に余裕を持ってご来場いただきますよう、ご協力お願い致します。


※お一人1枚の整理券の配布となりますので、予めご了承ください。
整理券をお持ちでない方の入場はできません。
※イベント中の録音・録画・撮影はお断りしております。
※他店で購入された書籍・色紙等へのサインはご遠慮ください。
※イベント開催前に、書籍をご購入頂いた場合、 書籍と整理券を忘れずにお持ちください。
※係員の指示及び注意事項に従わない方がいた場合、イベントが中止になる恐れがあります。
※整理券をお渡し済みでも、イベント不参加の場合、サイン本のお渡しは出来ません。
ご購入後の返金、キャンセルは承ることができません。
※先着順のため、申込み時に定員に達していることがあります。 予めご了承ください。

ご予約のお客様が不参加の場合、 イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。

お客様都合により当日イベントに参加できなかった場合、ご購入済みの書籍や整理券の払い戻しは致しかねます。サイン本のお取り置きなども致しかねますのでご了承ください。

■プロフィール

彩瀬まるさんプロフィール
1986年千葉県生まれ。大学卒業後、小売会社勤務を経て、2010年「花に眩む」で第9回「女による女のためのR‐18文学賞」読者賞を受賞しデビュー。17年、『くちなし』で第158回直木賞候補となる。著書に『あのひとは蜘蛛を潰せない』『骨を彩る』『やがて海へと届く』『朝が来るまでそばにいる』『眠れない夜は体を脱いで』『森があふれる』など。

戻る
特別企画 「渋谷の書店員3人による2019年下半期文芸書ベスト3と、小説家・凪良ゆうさんについて語る。」

前回9月に開催したイベントに引続き、2019年下半期を彩った文芸書について、渋谷地区の各書店所属の文芸書担当者3人が縦横無尽に語りつくします。またトーク後半には『流浪の月』『わたしの美しい庭』など今注目されている小説家・凪良ゆうさんの魅力について、刊行元の東京創元社、ポプラ社の担当編集、営業の方をお迎えしお話しします。ぜひ、ご来場ください。


 
【詳細情報】

日時:2020年1月31日(金)18:30~20:30頃終了予定(18:00開場・途中入出場可)
開場はイベント開始時間の30分前からです。時間前のご集合はご遠慮くださいませ。

●登壇者※凪良さんのご登壇はありません。
勝間準(MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店)、竹田勇生(紀伊國屋書店西武渋谷店)、
東京創元社、ポプラ社各担当編集・営業、山本亮(大盛堂書店・司会)

●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
参加費無料(先着40名様/定員になり次第受付終了)
●お席は自由席です。

イベント参加方法:電話(03-5784-4900)、メールにてご予約承ります。
定員になり次第終了のため、事前の当店宛の電話・メールでのご予約をお勧めしています。
メールフォームに不具合がある場合は book@taiseido.co.jp宛てにメールを送ってください。
件名にイベント名、 本文にお名前、緊急連絡先をご記入お願いします。


イベント当日は3Fイベントスペースまで直接お越しください。
その際、ご予約時のお名前を受付でお伝えください。


※イベント中の録音・録画・撮影はお断りしております。
※係員の指示及び注意事項に従わない方がいた場合、イベントが中止になる恐れがあります。
※定員に達し次第、受付終了となりますので予めご了承ください。
※先着順のため、申込み時に定員に達していることがあります。 予めご了承ください。

ご予約のお客様が不参加の場合、 イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。

戻る
『十大事故から読み解く 山岳遭難の傷痕』(山と渓谷社)刊行記念 羽根田治さんトークイベント&サイン会
聞き手:春日太一さん(映画史・時代劇研究家)

今年1月に、戦前から最近の事故まで、10件の重大事故を検証し時代を反映した日本の遭難事故を、時系列に振り返る力作『十大事故から読み解く 山岳遭難の傷痕』が刊行されます。
その刊行を記念し今回様々な山岳遭難本を執筆されているフリーライター・羽根田治さんのトークイベントを開催。
聞き手にはもちろんこの方、羽根田さんの大ファンである映画史・時代劇研究家の春日太一さんをお迎えいたします。2017年9月、2018年1月、2019年1月に当店にて開催されたお二人による山岳系イベントに引続き、満を持してのお二人のトークイベント。ぜひご期待ください。


【詳細情報】

日時:2020年1月27日(月)18:30~~20:30頃終了予定(18:00開場 開演後途中入場可)
開場はイベント開始時間の30分前からです。時間前のご集合はご遠慮くださいませ。
※トーク終了後、お二人のサイン会あり。サイン会の終了は20時30分を予定しております。
※イベント前に、ご購入頂いた場合、書籍を忘れずにご持参ください。

●場所:大盛堂書店3Fイベントスペース
●定員(40名様)※定員になり次第受付終了
●お席は自由席です。※ご入場は整理券番号順ではございません。

イベント参加方法:参加には整理券が必要です。
電話、メールにてご予約後、
大盛堂書店で1月23日発売予定の羽根田治さん『十大事故から読み解く 山岳遭難の傷痕』をご購入の方にイベント&サイン会整理券をお渡しします。

配布予定数が無くなり次第終了のため、事前の当店宛の電話・メールでのご予約をお勧めしています

ご予約されたお客様はイベント開始までに1Fレジカウンターにて対象書籍をご購入ください。
その際イベント整理券をお渡しします。

・『十大事故から読み解く 山岳遭難の傷痕』(1870円・税込)

イベント開場前後はレジが大変混雑いたします。時間に余裕を持ってご来場いただきますよう、ご協力お願い致します。


※お一人1枚の整理券の配布となりますので、予めご了承ください。
整理券をお持ちでない方の入場はできません。
※イベント中の録音・録画・撮影はお断りしております。
※係員の指示及び注意事項に従わない方がいた場合、イベントが中止になる恐れがあります。
※他店で購入された書籍・色紙等へのサインはご遠慮ください。
ご購入後の返金、キャンセルはできません。
※先着順のため、申込み時に定員に達していることがあります。 予めご了承ください。

※ご予約のお客様が不参加の場合、 イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。

お客様都合により当日イベントに参加できなかった場合、ご購入済みの書籍や整理券の払い戻しは致しかねます。サイン本のお取り置きなども致しかねますのでご了承ください。

■プロフィール

羽根田治さんプロフィール
フリーライター・編集者。1961年埼玉県生まれ。山岳遭難や登山技術に関する記事を山岳雑誌や書籍などで発表する一方、沖縄、自然、人物などをテーマに執筆活動を続けている。2013年より長野県の山岳遭難防止アドバイザー。現在は鳩間島と埼玉を行き来する生活を送る。著書に『ドキュメント単独遭難』『山岳遭難の教訓』『空飛ぶ山岳救助隊』『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか』(共著)『山でバテないテクニッ』『ロープワーク・ハンドブック』『野外毒本』『人を襲うクマ』『山のABC 基本のロープワーク』(以上山と溪谷社)『山の遭難 あなたの山登りは大丈夫か』(平凡社)『生死を分ける、山の遭難回避術』(誠文堂新光社)など。

春日太一さんプロフィール
映画史・時代劇研究家。1977 年東京都生まれ。日本大学大学院博士後期課程修了。映画界を彩った俳優達のインタビューをライフワークにしている。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)『あかんやつら―東映京都撮影所血風録』『仲代達矢が語る日本映画黄金時代 完全版』『ドラマ「鬼平犯科帳」ができるまで』(文春文庫)『役者は一日にしてならず』『すべての道は役者に通ず』(小学館)『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』『泥沼スクリーン』(文藝春秋)『時代劇は死なず! 完全版』(河出文庫)『黙示録 映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄』(文藝春秋)など多数。現在、週刊ポスト、週刊文春にてコラムを連載中。

戻る
 
  Copyright (C) Taiseido all rights reserved.