『さよなら、野口健』(集英社インターナショナル) 『逃げるが勝ち 脱走犯たちの告白』(小学館新書)刊行記念
小林元喜さん×高橋ユキさんトークイベント


今話題のノンフィクションである小林元喜さんデビュー作『さよなら、野口健』、髙橋ユキさん『逃げるが勝ち 脱走犯たちの告白』の刊行を記念したトークイベントを開催します!今回刊行された本を中心に、お二人の執筆や取材エピソードなどをお話いただきます。ぜひご期待ください。





小林元喜さんプロフィール  ライター。1978年、山梨県生まれ。法政大学経済学部卒業。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。法政大学在学中より作家の村上龍のアシスタントとしてリサーチ、ライティングを開始。『共生虫ドットコム』(講談社)、『13歳のハローワーク』(幻冬舎)等の制作に携わる。卒業後は東京都知事(当時)の石原慎太郎公式サイトの制作・運営、登山家の野口健のマネージャー等を務める。現在に至るまで野口健のマネージャーを計10年務めるが、その間、野口健事務所への入社と退職を3度繰り返す中で、様々な職を転々とする。現在は都内にあるベンチャー企業に勤務。(集英社公式サイトより引用)

髙橋ユキさんプロフィール  1974年生まれ、福岡県出身。2005年、女性4人で構成された裁判傍聴グループ「霞っ子クラブ」を結成。殺人等の刑事事件を中心に裁判傍聴記を雑誌、書籍等に発表。現在はフリーライターとして、裁判傍聴のほか、様々なメディアで活躍中。著書に、「霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記」(新潮社)「霞っ子クラブの裁判傍聴入門」(宝島社)「あなたが猟奇殺人犯を裁く日」(扶桑社)(以上、霞っ子クラブ名義)「木嶋佳苗 法廷証言」(宝島社、神林広恵氏との共著)「木嶋佳苗 危険な愛の奥義」(徳間書店)「暴走老人・犯罪劇場」(洋泉社)ほか。Web「東洋経済オンライン」「Wezzy」等にて連載中。なお『つけびの村』(晶文社)は2020年「本屋大賞ノンフィクション本大賞」にノミネートされた。(晶文社公式サイトより引用あり)


  • <注意事項>
  • ※整理券をお持ちでない方の入場はできません。
  • ※待機スペースはございません。時間に合わせたご来店のご協力をお願いいたします。
    イベント開始直前はレジが混雑しますので、整理券の受け取りはお早めにお願いします。
  • ※整理券の紛失に伴う再発行は一切いたしかねます。いかなる場合(紛失・焼却・破損等)も整理券の再発行はいたしません。
  • ※イベント中のカメラ・携帯電話などによる写真撮影、映像の撮影、音声の録音、通話等は、固くお断り申し上げ ます。
  • ※スタッフの指示に応じていただけない方のご入場はお断りする場合がございます。
  • ※会場までの交通費・宿泊費等はお客様の自己負担となります。
  • ※ご予約のお客様が不参加の場合、イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。
  • ※新型コロナウイルスの感染拡大がある場合、イベントの開催を延期、または中止させて頂く可能性があります。予めご了承ください。中止・延期のお知らせは開催1週間前にお知らせします。
  • ※店内・会場ではマスクの着用(フェイスシールド不可)をお願いします。着用されていない場合、入場をお断りしておりますのでご注意ください。

  • <感染予防のためのお願い>
  • ・「入り待ち」「出待ち」などの行為は一切禁止とさせていただきます。
  • ・体調がすぐれない場合や発熱がある場合などは、ご来店をお控えくださいますようお願いいたします。
  • ・ご来店の際はマスクの着用、検温・消毒のご協力をお願いいたします。
  • ・会場内お客様同士の距離を確保できるよう人数を制限しております。
  • ・スタッフは毎日検温を実施し、健康状態を確認しています。また、手洗い、手指消毒、マスクの着用を徹底しています。
  • ・備品のアルコール消毒を定期的に実施しております。
  • ・飛沫防止用シートを1階レジカウンターに設置し予防に努めております。
  • ・当店入口・レジカウンターに手指用の消毒液を設置しております。