『つまらない夜に取り残されそうで』(小学館クリエイティブ)刊行記念
嘉島唯さんトークイベント&サイン会
ゲスト:麻布競馬場さん


各メディアにて活躍されているライターの嘉島唯さん待望のデビュー作『つまらない夜に取り残されそうで』が2月に刊行されました。今回刊行を記念したトークイベントを開催。ゲストに 小説集『この部屋から東京タワーは永遠に見えない』、『令和元年の人生ゲーム』の著作がある麻布競馬場さんをお招きします。東京を舞台にしたお二人の作品を中心に様々なお話を伺います。ぜひご来場ください。





嘉島唯さんプロフィール   新卒で通信会社に営業として入社、ギズモードを経て、ハフポスト、バズフィード・ジャパンで編集・ライター業に従事。現在はニュースプラットフォームで働きながら、フリーランスのライターとしてインタビュー記事やエッセイ、コラムなどを執筆。フィクション・ノンフィクション問わず、東京で生きる独身男女の姿を描いた作品が人気を博す。2024年2月に待望のデビュー作『つまらない夜に取り残されそうで』を出版。
麻布競馬場さんプロフィール   1991年生まれ。慶應義塾大学卒業。 2021年10月にTwitterに小説の投稿を始めて以降、匿名アカウント「麻布競馬場」として活動。東京に疲弊し、それでも東京に生きることをアイデンティティとせざるを得ない人々をシニカルに描きだす作品は、「タワマン文学」として多くの支持を集めている。22年9月、ショートストーリー集『この部屋から東京タワーは永遠に見えない』、24年2月『令和元年の人生ゲーム』を刊行。 覆面小説家ながら切れ味抜群の弁舌も話題となり、メディア出演も多数。

  • <注意事項>
  • ※イベント中のカメラ・携帯電話などによる写真撮影、映像の撮影、音声の録音、通話等は、固くお断り申し上げます。
  • ※スタッフの指示に応じていただけない方のご入場はお断りする場合がございます。
  • ※会場までの交通費・宿泊費等はお客様の自己負担となります。
  • ※ご予約のお客様が不参加の場合、イベント終了時点ですべてキャンセル扱いとさせていただきます。
  • ※新型コロナウイルスの感染拡大がある場合、または出演者の体調によっては イベントが当日でも中止あるいは延期となる場合がございます。
  • ※プレゼントは直接ご本人にお渡しいただけます。ただし、飲食物、開封済みの品、現金、金券、非常に高額であるものはお受け取りできません。

  • ・「入り待ち」「出待ち」などの行為は一切禁止とさせていただきます。
  • ・体調がすぐれない場合や発熱がある場合などは、ご来店をお控えくださいますようお願いいたします。
  • ・備品のアルコール消毒を定期的に実施しております。
  • ・当店入口・レジカウンターに手指用の消毒液を設置しております。

  • 【お申し込みの流れ】
    イベント名
    必須お名前
    必須フリガナ
    必須メールアドレス
    必須確認のためもう一度
    必須電話番号
    備考欄
    必須送信確認