『ドキュメント生還2 長期遭難からの脱出』(山と溪谷社)刊行記念 羽根田治さんトークイベント&サイン会
聞き手:春日太一さん


『これで死ぬ アウトドアに行く前に知っておきたい危険の事例集』が昨年大きな話題となった、羽根田治さんの新刊『ドキュメント生還2 長期遭難からの脱出』が 5月に刊行されます。今回、刊行を記念したトークイベントを開催。聞き手に当店開催の羽根田さんイベントではお馴染み、映画史・時代劇研究家の春日太一さんをお招きします。 名コンビのトークをぜひお楽しみください。




羽根田治さん   1961年、埼玉県生まれ。 フリーライター、長野県山岳遭難防止アドバイザー、日本山岳会会員。 山岳遭難や登山技術の記事を、山岳雑誌や書籍で発表する一方、沖縄、自然、人物などをテーマに執筆活動を続けている。 主な著書に『ドキュメント生還――山岳遭難からの救出』『ドキュメント 気象遭難』『ドキュメント 滑落遭難』『ドキュメント 道迷い遭難』『ドキュメント 単独行遭難』『野外毒本』『これで死ぬ』(以上、山と溪谷社)、『山はおそろしい 必ず生きて帰る! 事故から学ぶ山岳遭難』(幻冬舎新書)など多数。
春日太一さん   1977年、東京都生まれ。日本大学大学院博士後期課程修了。 映画界を彩った俳優達のインタビューをライフワークに執筆活動を続けている。 著書に『天才勝新太郎』(文春新書)『あかんやつら東映京都撮影所血風録』(文春文庫)『役者は一日にしてならず』(小学館)『仲代達矢が語る日本映画黄金時代完全版』(文春文庫)『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』(文春文庫)『大河ドラマの黄金時代』(NHK出版新書)『時代劇聖地巡礼』『時代劇聖地巡礼 関西ディープ編』(ミシマ社) 『日本の戦争映画』『忠臣蔵入門』(角川新書)『鬼の筆 戦後最大の脚本家・橋本忍の栄光と挫折』(文藝春秋)『鬼の筆 戦後最大の脚本家・橋本忍の栄光と挫折』(文藝春秋・ 第55回 大宅壮一ノンフィクション賞受賞作)など多数。 現在、週刊文春などにてコラムを連載中。


【お申し込みの流れ】
イベント名
必須お名前
必須フリガナ
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須電話番号
備考欄
必須送信確認